本サイトには広告が含まれています

インターワークスのヘッドハンティングの評判口コミや強みを解説(ビズトリート)

ハイクラスに強い

この記事では転職エージェント「インターワークス(ビズトリート)」の特徴や評判について、中小企業から大手企業へステップアップ転職した筆者が解説していきます。

この記事でわかること

✔︎ インターワークスの評判口コミはいい?
✔︎ インターワークスの強みや弱みって何?
✔︎ インターワークスとビズトリートの違いは?

書いた人:キャリ索ふゆみ
いい求人と出会う方法

新卒採用と違い、中途採用はポストが空いたり増員のタイミングにしか募集しません。

しかも好条件の求人はすぐ埋まるので、求人が出たら速やかに応募する必要があります。

希望に合う好条件求人が出たらすぐに紹介してもらえるよう、今のうちにエージェントに登録を済ませ希望を伝えておきましょう。

ふゆみ
ふゆみ

今すぐ転職活動しない人も数を見る事で目が養われ、良い求人を逃しにくくなります!

ハイクラス転職を目指すなら、JACリクルートメントがおすすめ。筆者も利用しています。

JACリクルートメントを勧める理由は・・・
 ✔︎ ハイクラス転職に強い
 ✔︎ 外資系企業〜グローバル企業まで幅広い
 ✔︎ 担当者が丁寧で気軽に相談できる

外資系のエージェントの様にガツガツしていないので、具体的な転職相談はもちろん、キャリア全体の相談にも丁寧に乗ってもらえる印象です。

【結論】インターワークス(ビズトリート)に向く人は?

インターワークス(ビズトリート)をぜひ利用した方が良い人は、こういう人です。

  1. ミドル〜ハイクラス転職を目指す人
  2. 現在500万円以上の年収がある人
  3. 首都圏で転職したい人
  4. 大手エージェントではなく小回りのきくエージェントを使いたい人

なぜそう言えるのか、評判やメリット・デメリットはこの後しっかりお伝えしていきます!

インターワークスとビズトリートの違いは?

インターワークスに登録しようと思ったらビズトリートのサイトに飛ばされて「??」と思った方もいるかもしれません。

ビズトリートの口コミを知りたいけどほとんど無くて、このエージェントは本当に使われているんだろうか?と思っている人もいるでしょう。

そういった方のために、最初にビズトリートとインターワークスの関係性についてご説明します。

結論からいうと両者はほぼ同じものを指している!ほぼイコール!と思って大丈夫です。

厳密にいうと、ビズトリートは株式会社インターワークスが運営する転職エージェントです。

つまり、「ビズトリート」は転職エージェントのサービス名で「インターワークス」は会社の名前なのです。

なぜこういう混乱が起こるのか筆者なりに分析してみました。

よくマイナビやen転職などに登録すると色々なエージェントからスカウトメールが来ますが、この時には会社名の「インターワークス」が使われています。

ですので、スカウトメールや転職サイトの検索で知った人は「インターワークス」の名前で認識しているでしょう。

上記のパターンの場合、ビズトリートというサービス名は認識しておらず、口コミなどにも「インターワークス」書く方が多いのだと思います。

ですので、

「インターワークスで検索しても会員登録ページが見当たらない」
「全然違うサービスのサイトに飛ばされて怪しい」
「ビズトリートの口コミは全然ないから怪しい」

などと思わずに、インターワークス・ビズトリート両方の名前で情報を集めれば大丈夫です。

インターワークス(ビズトリート)の概要

ビズトリートは株式会社インターワークスが運営する転職エージェントです。

1991年創業、1996年から求人情報サイトをスタートしています。

その後、2007年に有料職業紹介業の許可取得、2012年に人材紹介事業を行う株式会社アイ・アムの吸収合併などもしながら、人材の領域も広げてきた会社になります。

ビズトリートはミドル〜ハイクラス向けの転職エージェントになります。

求人情報サイトは専門特化型で、製造業の求人情報サイト「工場ワークス」などを持っています。

全国展開をしていますが求人の大半は関東。8割の求人は首都圏になります(2022.9現在)

業種職種は、全般を網羅していますがCxOや役員、役職といったハイクラス求人が多いのが特徴です。

強みのある業種はメーカー

製造業の求人情報サイト「工場ワークス」での繋がりも活かしているのかなと推測します。数は多くありませんが、海外での求人も持っています。

海外の工場長ポジションが多く、ここでもメーカーのハイクラスポジションの印象を受けます。

基本情報

運営会社株式会社インターワークス
所在地東京都港区西新橋1-6-21 NBF虎ノ門ビル8階
設立1991年3月
公開求人数1,191件(2024/5/26時点)
非公開求人非公開
対応地域全国(求人の多くは首都圏)
拠点東京、愛知、大阪
おすすめ年代35歳以上
業種・職種電気・電子・機械・半導体 / 営業 / 企画・経営 / 管理・事務 /
販売・フード・アミューズメント / コンサルタント・金融・不動専専門職 /
クリエイティブ / WEB・インターネット・ゲーム / ITエンジニア
メーカー / IT・通信・インターネット / 商社 / 流通・小売・フード /
金融・保険 / コンサルティング / 不動産・建設・設備 / 運輸・交通・物流・倉庫 /
IT・通信・インターネット / 商社 / 流通・小売・フード / 金融・保険 /
コンサルティング / 不動産・建設・設備 / 運輸・交通・物流・倉庫
利用料金無料
おすすめミドル ハイクラス メーカー
公式サイトhttps://mynavi-agent.jp/

インターワークス(ビズトリート)のいい口コミ

それでは、さっそく口コミを見てみましょう。

先程も書いたように、ビズトリート≒インターワークスと読み替えていただいて問題ありません。

まずは、いい口コミから。

優秀なコンサルタントで希望通りの転職が出来た(但し、コンサルタント次第・・・)
<br>

優秀なコンサルタントとそうでないコンサルタントの差が激しい。

私の場合は優秀なコンサルタントだった為、とても丁寧にお話を聞いてくださり、希望通りの転職が出来ました。

友人は面談時間になっても連絡が無かったそうです。

ほんと人材業界は担当して頂くエージェントによりますね。。。

Google口コミより

<br>

転職サイト、エージェント共に肌に合う合わないはある。と思う

ただ、その企業のコンセプトは看板に偽りありではない方が良い。

そんな中、個人名まで出させてほしいくらいお世話になった方々がいる。

コンサルタントとして、見習うべきと思う。
※担当の方がたまたまよかっただけかもしれないが。

•パーソル社
•JAC社
•インターワークス社
•ワークポート社

登録だけのところも含めると20のサイト、エージェント企業にご相談したが、イキの良い企業ばかりでした。

最後、各社からそれぞれ1社ずつ内定をいただきましたが、悩みました。

X(旧Twitter)より

話しやすく現状を理解してくれた
<br>

今日面談したインターワークスの転職エージェントは年が近いせいか話しやすかったし現状を理解してくれたな〜

相談相手としてはバッチリ。

X(旧Twitter)より

採用側からみても営業担当者が丁寧で評価できる
<br>

私中途採用の担当してるんですが、インターワークスは優秀かつ尖った人材を紹介してくれるし、営業は丁寧なので来期は業績改善すると思います!

X(旧Twitter)より

ふゆみ
ふゆみ

いい担当者に当たると、満足度の高い転職活動が出来るようです。

インターワークスは両面型で、企業も求職者も一人の担当者が担当するタイプのエージェントなのですが、企業の人事から高評価なのもいいですよね。

インターワークス(ビズトリート)の悪い口コミ

次に、悪い口コミについて見てみましょう。

対応が後手後手の上、既読無視された
<br>

転職エージェントの質の差が激しい。 おすすめはしない。

初回の電話面談の日程調整すら後手後手にされて、優先順位をつけて対応されていた。

そのあと、求人を紹介してもらうために二度連絡するも既読のうえ無視。

転職という大事な機会に頼れないエージェントさまでした。

Google口コミより

マッチしない求人でも数撃ちゃ当たる戦法で紹介してくる
<br>

インターワークスって転職斡旋の会社。質がなんかいまいちだね。ぼくだけそうなのか?

やっぱり、キーワードで引っ掛けて、職を紹介するやり方って数打ちゃ当たる戦法なのかな?

全般的に、あなたのキャリアをいっしょに考えます!って言ってる人の大半は嘘つきだと思われる。

X(旧Twitter)より

ふゆみ
ふゆみ

ハズレの担当者に当たると、対応がヒドい様です。

連絡が取れなくなる担当者もいれば、こちらの話をあまり聞かず、マッチしない求人をゴリ押ししてくるパターンもあります。

どの転職エージェントでも、担当者の当たり外れや、相性が出てくるので、複数の転職エージェントに登録して、自分に合う担当者を見つけるやり方が、成功の秘訣です。

インターワークス(ビズトリート)が選ばれる理由やメリット

年収の高い求人が多い

ビズトリートでは700万円以上の求人が多数であることをアピールポイントに謳っています。

領域特化型の草分け

今でこそ当たり前というか多くの会社が領域特化型を採用していますが、インターワークスは約20年前から業界・職種専門ごとに専門特化したサービスをスタートさせています。

実はこの領域の草分け的存在だったんですね。

長きに渡ってのノウハウが蓄積されていることが期待できるのはもちろん、こういった新しいやり方を考えれる会社、そして新しいやり方を実際に実行して道を切り開いていく会社なのだろうなと、会社の姿勢を垣間見ることが出来ます。

業界ごとに別れた組織だけでなく、経理・財務、総務・人事等の「管理部門職種」ごとに担当組織を編成しているのも特徴です。

ちなみにインターワークス(ビズトリート)は、一人のコンサルタントが企業も求職者も担当する両面型を採用しています。

コンサルタントがその業界や企業についてとても詳しいのも◎です。

業績良好でコンサルタントを拡充中

2022年の有価証券報告書四半期報告書を確認すると、コロナの影響を受けた他の事業部をカバーするほど人材紹介部門は業績がかなりよいです。

転職を成功させた人数も増えており、ココ最近の支援した就職者数を比較してみると、2021年は2019年・2020年と比べて1.2~1.8倍の人数の就職を支援しています。

それに合わせて、コンサルタントも増員し、会社として注力していることが伺えます。

事業が拡大することで、取り扱う求人の幅も広がる事が期待できますね。

一方、コンサルタントが一人前になるには時間がかかるので、コンサルタントの質については不安な部分はあります。

企業として育成にも力を入れると記載はありますが、実際どうなのかはこれからウォッチしたいところです。

インターワークス(ビズトリート)を利用する上での注意点やデメリット

コンサルタントの質が高くない人もいる

インターワークス(ビズトリート)に登録すると担当のコンサルタントがつくのですが、あまり質の高くない人に当たる場合があります。

コンサルタントはどの会社でも新卒や転職したてなどスキルが未熟な人もいますし、あなたとの相性もあります。

特にインターワークス(ビズトリート)は現在コンサルタントを増員しており、転職したてで不慣れな人に当たる確率があります。

こればっかりは仕方がないので、担当者の変更を願い出るか、別の転職エージェントに登録し相性のいいコンサルタントを見つけるのが良いでしょう。

気分を害したり相性が悪いのに無理をして付き合い続ける必要はありません。

現在の年収が500万円以下だと厳しい

インターワークス(ビズトリート)ではミドル〜ハイクラスの求人がメインとなります。

そのため、現在の年収が低いと紹介できる求人が少なく相手にしてもらえない可能性が高いです。

悪い口コミで「対応を後回しにされた」とありましたが、現在の年収が低かったりスキルがあまり無くてしっかり対応してもらえなかった可能性があります。

一般的に、現在の年収が500万円以下の場合は他の転職エージェントを利用したほうがきちんと対応してもらえて転職成功に近くなる可能性が高いです。

首都圏以外の求人は少ない

インターワークス(ビズトリート)の求人の8割は首都圏(東京・神奈川・千葉・埼玉)になります。

全体で約2500件ある求人のうち、実に2000件程が首都圏の求人になります。

首都圏についで多いのが、関西ですが、わずか300件程度。

もちろん、いい求人もあると思いますので首都圏以外でも登録しても良いですが、他の転職エージェントを併用しないとなかなか自分にあう求人に巡り会えない可能性が高いです。

首都圏以外で転職を考えているならリクルートエージェントに登録しましょう。

リクルートエージェント RECRUIT AGENT

リクルートエージェントは圧倒的求人数を持っていることで有名ですし、全国各地方にオフィスも構えています。

それぞれの地域の大手企業から中小企業までしっかり網羅した求人を持っています。

また首都圏で転職を考えている場合でも、ビズトリートと併用は可能です。

より多くの求人から選ぶ方が自分に合う好みの求人に出会える確率があります。

少ない求人の中から選んで失敗したくないなら、複数のエージェントで幅広く求人をチェックしましょう!

インターワークス(ビズトリート)登録から利用の流れ

1.登録

まずは、ビズトリートに登録しましょう。

名前、生年月日、メールアドレス、電話番号、就業状況や年収について記載すれば、登録する事が出来ます。

任意で履歴書や職務経歴書も送ることが出来ます。

これらを付ける方が本気度が高いと思われてしっかりサポートしてもらえる確率が上がります。

絶対ビズトリートでサポートしてほしいと思っている人は、履歴書や職務経歴書も忘れず一緒に提出しましょう。

公式サイトより

2.ビズトリートから連絡・コンサルタントと電話面談

転職エージェントに登録するとオフィスでの面談をするのが一般的ですが、ビズトリートは電話で面談を行うのが特徴です。

ハイクラスの方々は本業で忙しいので、余計な時間を取らせない配慮だと思います。

(コロナになってからはオンライン面談は珍しくは無くなっていますが)電話でサクッと終わらせる事が出来るのはハイクラス向けだからこその特徴ともいえます。

知らない電話番号からの電話には出ない人が多いですが登録して数日は知らない番号から電話があっても出たり折り返することを忘れずに!

3.求人への応募・面談

面談をもとにコンサルタントがあなたに合う求人を紹介してくれます。

紹介された求人は、必ず応募しないといけない訳ではなく、興味がある求人のみ応募する形になります。

もちろん、一件も応募しない(転職活動を進めない)という選択肢もありです。

応募を希望すると、コンサルタントから企業に応募してくれ、選考が進みます。

4.内定・入社

内定が出たら入社条件の確認を行ってくれます。

また、退職・入社のフォローはもちろん入社後にもフォローしてくれます。

まとめ:ハイクラス転職を目指す人におすすめ

いかがでしたか。インターワークス(ビズトリート)はハイクラスに強い転職エージェントです。

求人数は多くないですが、一度見てみる価値はあるでしゃう。

求人が多い転職エージェントを併用する事も忘れずに!

あなたにとって、素敵なキャリアが見つかりますように。

「転職活動は仕事の繁忙期が落ち着いてから」「転職活動は次のボーナスをもらってから」と思っていませんか。

中途採用はいつ求人が出るか分かりません。

しかも、条件のいい求人はすぐに埋まるので速やかに応募する必要があります。

求人を見て応募を見送ることは出来ますが、逃した求人を後で取返すことはできません。

転職活動は少し先と思っても、まずはエージェントへの登録し、希望条件に合う求人が手に入る環境を作っておきましょう。

ハイクラス転職を目指すなら、JACリクルートメントがおすすめ。筆者も利用しています。

JACリクルートメントを勧める理由は・・・
 ✔︎ ハイクラス転職に強い
 ✔︎ 外資系企業〜グローバル企業まで幅広い
 ✔︎ 担当者が丁寧で気軽に相談できる

外資系エージェントの様にガツガツしていないので、具体的な転職相談はもちろん、キャリア全体や転職タイミングの相談などにも丁寧に乗ってもらえる印象です。

この記事を書いた人
ふゆみ

中流大学卒。中小企業でキャリアスタートしたが、転職を経て、現在、大手外資系企業で勤務中。

結婚、出産、育休を経験し、子育てもしながら、フルタイム勤務で働くワーママでもある。

女性は、ライフイベントが多い上に、仕事をしていても家事育児は女性比重が重く、その上、まだまだ男性社会の中で結果が求められる。そんなハードモードの人生ではあるけれど、女性が、仕事もプライベートも、楽しく幸せに生きていく為のヒントになればと、発信をしています。

趣味は、旅行と、食べること。TOEIC875

ふゆみをフォローする
ハイクラスに強い