本サイトには広告が含まれています

インサイドセールスが辛い!辞めたい!セカンドキャリアはどうすれば?

インサイドセールスが辛い!辞めたい! 転職の悩み

インサイドセールスをやっているけど辛い、インサイドセールスを辞めたい、と悩んでいる人は少なくありません。

しかし、インサイドセールスのセカンドキャリアはどうすればいいのか、次のキャリアについて頭を悩ましている人もいると思います。

この記事では、インサイドセールスが辛い、辞めたいと考える人に向けて、営業経験も転職経験もある筆者が、インサイドセールスを辞めたい理由からやるべきこと、セカンドキャリアまで解説していきます。

書いた人:キャリ索ふゆみ
転職活動はいつ始めるべき?

新卒採用と違い、中途採用はポストが空いたり増員のタイミングにしか募集しません。

しかも好条件の求人はすぐ埋まるので、求人が出たら速やかに応募する必要があります。

希望に合う好条件求人が出たらすぐに紹介してもらえるよう、今のうちにエージェントに登録を済ませ希望を伝えておきましょう。

ふゆみ
ふゆみ

今すぐ転職活動しない人も数を見る事で目が養われ、良い求人を逃しにくくなります!

▶︎転職エージェントは併用しないともったいない!まずは登録しておきたいサービスはこちら

複数エージェントに登録すれば求人や担当者を比較することが出来、自分に合う担当者・腕のいい担当者を見つけられますよ。

また特定のエージェントにしか求人を出していない会社もあります。それを逃さない為にも無料のサービスなのですから気になるエージェントは全て登録しておきましょう。

転職サービス特徴公式サイト
リクルートエージェント

リクルートエージェント
業種職種年代関係なく
誰もが登録しておきたい

圧倒的な求人数で情報収集にも◎
公式サイト
JACリクルートメント
JACリクルートメント
ハイクラスや外資系に強い
担当者の質が全体的に高い
キャリアアップを目指すなら
公式サイト
ビズリーチ

ビズリーチ
登録するだけで
スカウトが届く

市場価値を知る為だけでも有益
公式サイト
キャリアスタート
キャリアスタート
社会人経験が浅い人向け
若手専業で20代の転職実績が豊富
第二新卒やフリータにも
公式サイト
ふゆみ
ふゆみ

大きな買い物をする時は相見積もりを取って比較をしますよね。1日の大半を過ごす仕事なのですから、しっかり比較検討して妥協なくベストな求人を見つけ出しましょう。

  1. インサイドセールスとは?
    1. インサイドセールスの仕事内容
    2. フィールドセールスとの違い
  2. インサイドセールスが辛い!辞めたい理由
    1. インサイドセールス辞めたい理由①高い目標とプレッシャー
    2. インサイドセールス辞めたい理由②成長や活躍に限界を感じる
    3. インサイドセールス辞めたい理由③業務の単調さと創造性の欠如
  3. インサイドセールスを辞める前にすべきこと
    1. 辞める前にすべきこと①辞めたい理由の明確化
    2. 辞める前にすべきこと②仕事のやり方の見直し
    3. 辞める前にすべきこと③社内異動や改善策を探る
    4. 辞める前にすべきこと④転職活動をはじめる
  4. インサイドセールスで身についているスキル
    1. インサイドセールスのスキル①瞬発力のあるコミュニケーション能力
    2. インサイドセールスのスキル②断られることへの耐性
    3. インサイドセールスのスキル③顧客理解と営業戦略の知識
    4. インサイドセールスのスキル④時間管理能力
    5. インサイドセールスのスキル⑤デジタルツールの習熟
  5. インサイドセールスにおすすめのセカンドキャリア
    1. 他社でのインサイドセールス
    2. フィールドセールス
    3. デジタルマーケティング
    4. カスタマーサクセス
    5. SaaSの営業
  6. インサイドセールスにおすすめの転職サービス
    1. 若手でハイクラスを目指すなら:アサイン
    2. 年齢問わずハイクラスを目指すなら:JACリクルートメント
    3. 年齢業界問わず登録しておきたい:リクルートエージェント
    4. 市場価値を知るなら:ビズリーチ
  7. まとめ

インサイドセールスとは?

インサイドセールスの仕事内容

インサイドセールスは、主に電話やインターネットを通じて顧客と接触し、商品やサービスを販売する営業のことを指します。

この方法は、直接顧客を訪問するフィールドセールスと比較して、時間やコストの効率化に優れています。

昔あったテレアポ部隊のことを指すと勘違いする人といますが、ただアポを取る為の電話をするだけでなく、マーケティング的な要素も盛り込んだアプローチを行うことが多いです。

インサイドセールスの仕事内容は、見込み客へのアプローチ、商談の設定、プレゼンテーションの実施、契約のクロージングまで多岐にわたります。

また、顧客データの管理や市場調査など、営業戦略の策定にも関わることがあります。

インサイドセールスは、IT、ソフトウェア、通信、金融サービスなど、テクノロジーを活用する業界で特に重宝されています。

これらの業界では、迅速な情報伝達や効率的な顧客管理が求められるため、インサイドセールスの役割が非常に重要になります。

フィールドセールスとの違い

フィールドセールスとの最大の違いは、販売アプローチの方法にあります。

フィールドセールスは対面での営業活動が中心で、個別の顧客に合わせたきめ細かい対応を行うことができます。

一方、インサイドセールスは遠隔でのコミュニケーションに依存するため、より多くの見込み客にアプローチできる利点がありますが、

フィールドセールスほど個人的な関係構築は難しいというデメリットもあります。

結果として、これら二つの営業スタイルは補完的な関係にあり、多くの企業では両方を組み合わせて効率的な営業戦略を展開しています。

インサイドセールスが辛い!辞めたい理由

インサイドセールス辞めたい理由①高い目標とプレッシャー

インサイドセールスの仕事は、高い目標とそれに伴うプレッシャーが大きな負担となることがあります。

営業目標を達成するためには、日々のコール数や成約率を高める必要があり、これがストレスの原因となる場合が少なくありません。

特に、数値目標が厳しい環境では、達成感を感じることが難しく、モチベーションの維持が大きな課題となります。

インサイドセールス辞めたい理由②成長や活躍に限界を感じる

インサイドセールスの範囲内での成長や活躍に限界を感じることもあります。

キャリアパスが限られている場合や、新しいスキルを学ぶ機会が少ない環境では、自己成長を望む声が高まります。

長期間同じ業務を続けることで、新たな挑戦を求める気持ちが強くなることも一因です。

インサイドセールス辞めたい理由③業務の単調さと創造性の欠如

業務の単調さと創造性の欠如も、辞めたいと感じる理由の一つとして挙げられます。

インサイドセールスの業務は、スクリプトに基づく対話が中心となりがちで、これがルーティンワーク化しやすいです。

インサイドセールスでは効率的に数をこなすことを求められる場合も多いですが、数をこなすにはどうしても、ある程度型を作って対応していく必要があり、仕事が単調化してしまうこともあります。

創造性を発揮する機会が少ないと、仕事に対する満足感が得られにくくなります。

型にはめた仕事の仕方に、辛さや辞めたいという気持ちが出てきてしまうのは仕方ないかもしれません。

インサイドセールスを辞める前にすべきこと

この記事を読んでくださっている人の中には、先ほど挙げたような課題に直面しているかもしれません。

しかし、課題に直面し今の状況を変えたい、と思うことは決して悪いことではあいrません。

自分自身のキャリアを振り返り、今後の方向性を考える良い機会とも捉えることができます。

自分に合った働き方を見つけ、より充実した職業生活を送るための一歩として、これらの課題に向き合いましょう。

辞める前にすべきこと①辞めたい理由の明確化

インサイドセールスを辞めたいと考える前に、まずは辞めたい理由を明確にすることが重要です。

何となくやめたり何となく転職しても、また同じような課題にぶつかっては元も子もありません。

高い目標やプレッシャー、成長の限界、仕事の単調さなど、具体的な理由を洗い出し、それが現職で解決不可能なのかを冷静に考えましょう。

自己分析を行うことで、本当に求めているキャリアの方向性が見えてきます。

辞める前にすべきこと②仕事のやり方の見直し

今の仕事を辞める前に、自身の仕事のやり方を見直すことも一つの方法です。

効率的なタスク管理、ストレスマネジメントの技術、仕事とプライベートのバランスの取り方など、改善できる点はないかを検討しましょう。

自分で新しい型を考えてみる、お客様の反応をデータベース化して分析する、仕事の時間配分を変えるなど、改善の余地はたくさんあるでしょう。

小さな変更が大きなストレス軽減につながることもあります。

辞める前にすべきこと③社内異動や改善策を探る

現在のポジションや業務内容が自分に合わなかったり、もっと新しいチャレンジをしたいと考えた倍、社内異動の可能性を探るのも一つの選択肢です。

また、職場の環境や業務プロセスに関する改善提案を上司や人事部に相談することで、状況が好転する可能性もあります。

言ってみると意外と受け入れてもらえたり、流れが変わることもあります。

自分だけで悩まず、周囲とコミュニケーションを取ることが大切です。

辞める前にすべきこと④転職活動をはじめる

転職を意識した場合、退職する前に転職活動の始めるようにしましょう。

履歴書や職務経歴書の作成、業界研究やスキルセットの棚卸し等やることはたくさんあります。

また転職エージェントを使うことで、第三者の視点で情報を整理出来たり、最新の市場状況や自分の市場価値を知ることが出来ます。

また、退職をしてしまうと転職で不利になる場合も多いです。

退職を決意する前に、まずは転職活動をするようにしましょう。

転職活動を始めても必ず転職をしなくてもいいですし、転職活動をすることで今の環境の良さに気づけることもあるので、気軽な気持ちでも大丈夫ですし、前向きな気持ちで取り組むようにしましょう。

インサイドセールスで身についているスキル

インサイドセールスのスキル①瞬発力のあるコミュニケーション能力

インサイドセールスは毎日たくさんのお客様に何度も電話やメールをします。

長くはない電話の会話やメールなど限られた情報から顧客のニーズを読み取り、それに応じた提案をする必要があります。

その中で、瞬時に状況を判断し、適切なコミュニケーションを取る能力が養われてきているはずです。

また、即座に思考を整理し、相手に伝わるよう表現する力が身についているでしょう。

インサイドセールスのスキル②断られることへの耐性

インサイドセールスでは、日常的に顧客からの断りを受けることになります。

その過程で断られることに対する耐性が自然と育っていきます。

失敗を恐れずに次のアクションに移れる精神力や、挫折から学び改善につなげる柔軟性が養われます。

これは、どのような職種においても価値のあるスキルです。

インサイドセールスのスキル③顧客理解と営業戦略の知識

インサイドセールスでは、顧客のニーズや業界の動向を深く理解しておく必要があります。

また、顧客との対話から得られる情報を基にした営業戦略の立案や市場分析のスキルも磨かれます。

これらの知識は、営業だけでなく、マーケティングやプロダクト開発など、幅広い分野で応用可能です。

インサイドセールスのスキル④時間管理能力

インサイドセールスは、高い件数をこなすことを求められることが多いです。

高い目標に対して効率的に仕事を進めるには、優れた時間管理能力が不可欠です。

また、複数の顧客とのコミュニケーションを同時に進める必要があるため、タスクの優先順位付けや限られた時間の中での効果的なアプローチ方法が必要となります。

そういった仕事の中で時間管理能力が磨かれ、自然と身につきます。

インサイドセールスのスキル⑤デジタルツールの習熟

インサイドセールスの業務には、CRM(顧客関係管理)システムやメール、ビデオ会議ツールなど、様々なデジタルツールが使用されます。

これらのツールを日常的に使用することで、デジタルツールの習熟度が高まり、業務の効率化だけでなく、新しいツールの習得にも柔軟に対応できるようになります。

様々なツールを使いこなしたり、柔軟な思考で新しいツールを取り入れていくことが出来る人は、今の時代重宝されるでしょう。

インサイドセールスにおすすめのセカンドキャリア

インサイドセールスから転職をするには、どういった職種がおすすめなのでしょうか。

インサイドセールスのネクストキャリアについて考えてみましょう。

他社でのインサイドセールス

他社でのインサイドセールスに転職することは、これまで培ったスキルをそのまま活かせるため、非常におすすめです。

新しい企業であれば異なる業界や市場に挑戦でき、さらなる成長の機会が得られます。

さらに、新しい環境での経験は、自身のキャリアの幅を広げるだけでなく、異なる企業文化や営業手法を学ぶ良い機会にもなります。

同じ職種でも新たな視点を得ることで、より高い成果を上げられる可能性があります。

また、インサイドセールスのマネージャーを目指すのもひとつのいいセカンドキャリアと言えるでしょう。

フィールドセールス

フィールドセールスへの転向も非常によい選択肢です。

インサイドセールスで培ったコミュニケーション能力や顧客理解のスキルを直接対面での営業活動に活かすことができます。

フィールドセールスは顧客との深い関係構築が求められるため、インサイドセールスでの経験が大いに役立ちます。

また、フィールドセールスはインサイドセールスよりも案件規模が大きかったり、直接顧客と会うことも多く、変化に富んだ環境で働きたい方にとって魅力的なキャリアパスです。

デジタルマーケティング

デジタルマーケティングは、インサイドセールスで得た顧客理解やデータ分析のスキルを活かせる分野です。

顧客のニーズや行動パターンを分析し、それに基づいてマーケティング戦略を立てる能力は、インサイドセールス出身者にとって大きな強みとなります。

さらに、デジタルツールの習熟度も役立ち、さまざまなマーケティングプラットフォームを効果的に活用できるでしょう。

カスタマーサクセス

カスタマーサクセスは、顧客の成功をサポートする役割であり、インサイドセールスで培った顧客対応のスキルが大いに活かせます。

特に、顧客の課題を理解し、適切なソリューションを提供する能力は、カスタマーサクセスの重要な要素です。

顧客との長期的な関係を築き、彼らの満足度を高めることで、企業の成長にも貢献できるポジションです。

SaaSの営業

SaaS(Software as a Service)セールスは、インサイドセールスのスキルセットと非常に親和性があります。

特に、デジタルツールの習熟やオンラインでの顧客対応スキルが直接的に役立つでしょう。

SaaS業界は成長が著しく、新しい技術やサービスが次々と登場するため、常に最新の情報をキャッチアップしながら働くことができます。

勢いのある企業も多く、面白みがある業界です。

インサイドセールスにおすすめの転職サービス

若手でハイクラスを目指すなら:アサイン

アサイン

若手ハイクラスに特化した支援品質

おすすめな理由
  1. 長期的なキャリア形成を重視した
    キャリアプランを描いてくれる
  2. あなただけの選考対策資料を作成!
    行動特性から分析した強みがわかる
  3. コンサルやハイクラスの転職に強い

若手ハイクラスなら

年齢問わずハイクラスを目指すなら:JACリクルートメント

JACリクルートメント

アジアで最大級のネットワークと知名度

おすすめな理由
  1. 外資系企業や英語を活かす求人に強い
  2. 日本人コンサルタントが丁寧にサポート
    担当者の質が全体的に高い
  3. 長く付き合えるキャリアのパートナー
    転職サイクルの短い外資系の人には◎

外資系企業を狙うなら外せない

年齢業界問わず登録しておきたい:リクルートエージェント

リクルートエージェント RECRUIT AGENT

転職支援実績No1&非公開求人数20万件以上

おすすめな理由
  1. 業界最大級の求人の多さ
    中小優良企業からグローバル企業まで
  2. 全国に拠点が16か所
    どの地域でも地域に密着してサポート
  3. 登録者限定の無料セミナー多数開催
    転職に必要な成功ノウハウが学べる

業界業種問わず登録しておきたい

市場価値を知るなら:ビズリーチ

ビズリーチ

管理職やスペシャリスト、グローバル人材向けの求人多数

おすすめな理由
  1. 採用企業者数15,500社以上
    ヘッドハンター1,700名以上登録
  2. 登録するだけでスカウトが届く
    市場価値を知る為だけでも有益
  3. 1,000万円以上の求人が1/3以上
    ハイクラス求人が多く掲載

登録してスカウトを待つだけ

まとめ

インサイドセールスは、若手が多く配属され、たくさんのことを学ぶことが出来る職種です。

一方、仕事がマンネリ化してしまったり、高い目標に疲れてしまったり、成長や将来のキャリアに不満があったりと辞めたくなる場面も多いでしょう。

しかし、インサイドセールスは、思っている以上にたくさんのスキルを身に着けることが出来る職種です。

今の環境を十分に生かしさらに活躍したり、これまでのスキルを活かして新しく活躍できる場所を見つけてください。

転職活動はいつ始めるべき?

「転職活動は仕事の繁忙期が落ち着いてから」「転職活動は次のボーナスをもらってから」と思っていませんか。

中途採用はいつ求人が出るか分かりません。

しかも、条件のいい求人はすぐに埋まるので速やかに応募する必要があります。

求人を見て応募を見送ることは出来ますが、逃した求人を後で取返すことはできません。

転職活動は少し先と思っても、まずはエージェントへの登録し、希望条件に合う求人が手に入る環境を作っておきましょう。

▶︎転職エージェントは併用しないともったいない!まずは登録しておきたいサービスはこちら

複数エージェントに登録すれば求人や担当者を比較することが出来、自分に合う担当者・腕のいい担当者を見つけられますよ。

また特定のエージェントにしか求人を出していない会社もあります。それを逃さない為にも無料のサービスなのですから気になるエージェントは全て登録しておきましょう。

転職サービス特徴公式サイト
リクルートエージェント

リクルートエージェント
業種職種年代関係なく
誰もが登録しておきたい

圧倒的な求人数で情報収集にも◎
公式サイト
JACリクルートメント
JACリクルートメント
ハイクラスや外資系に強い
担当者の質が全体的に高い
キャリアアップを目指すなら
公式サイト
ビズリーチ

ビズリーチ
登録するだけで
スカウトが届く

市場価値を知る為だけでも有益
公式サイト
キャリアスタート
キャリアスタート
社会人経験が浅い人向け
若手専業で20代の転職実績が豊富
第二新卒やフリータにも
公式サイト
ふゆみ
ふゆみ

大きな買い物をする時は相見積もりを取って比較をしますよね。1日の大半を過ごす仕事なのですから、しっかり比較検討して妥協なくベストな求人を見つけ出しましょう。

この記事を書いた人
ふゆみ

中流大学卒。中小企業でキャリアスタートしたが、転職を経て、現在、大手外資系企業で勤務中。

結婚、出産、育休を経験し、子育てもしながら、フルタイム勤務で働くワーママでもある。

女性は、ライフイベントが多い上に、仕事をしていても家事育児は女性比重が重く、その上、まだまだ男性社会の中で結果が求められる。そんなハードモードの人生ではあるけれど、女性が、仕事もプライベートも、楽しく幸せに生きていく為のヒントになればと、発信をしています。

趣味は、旅行と、食べること。TOEIC875

ふゆみをフォローする
転職の悩み