本サイトには広告が含まれています

イーストウエストコンサルティングってしつこい?評判口コミや注意点を解説

外資系企業に強い

この記事では転職エージェント「イーストウエストコンサルティング(EWC)」の特徴や評判について中小企業から大手企業へステップアップ転職した筆者が解説していきます。

この記事でわかること

✔︎ イーストウエストコンサルティングは評判口コミはいい?
✔︎ イーストウエストコンサルティングの利用の注意点は?
✔︎ イーストウエストコンサルティングってしつこいの?

いい求人に出会うには

新卒採用と違い、中途採用(転職)はポストが空いたり増員のタイミングにしか募集しません。

しかも企業によっては、特定のエージェントにしか情報を出さない企業もあります。

理想的な求人に出会う確率を上げるには、複数の転職エージェントに登録するのが鉄則です。

ふゆみ
ふゆみ

今すぐ転職活動しないつもりでも、理想的な求人が出てくるかもしれません!

こればかりはタイミングなので、まずは情報を貰える状況を作っておくことが重要!

転職するかの判断は理想的な求人に出会ってから考えるでも遅くありません。

希望に合う好条件求人が出たらすぐに紹介してもらえるよう、今のうちにエージェントに登録を済ませ希望を伝えておきましょう。

イーストウエストコンサルティングはエグゼクティブ求人&外資系企業に強い会社ですが、求人数はそこまで多くありません。

外資系企業への転職なら、JACリクルートメントがおすすめ。筆者も利用しています。

  • スタートアップ~大手外資系まで求人が幅広い
  • 外資・グローバル企業・ハイクラスに強い
  • コンサルタントの対応が丁寧

具体的な転職相談はもちろん「転職タイミング含めた長期的なキャリア相談も丁寧に乗ってもらえる」という口コミもありますので、転職活動をするかどうかも含めて気軽に相談してみましょう。

外資系に強く担当者の質がいい

【結論】イーストウエストコンサルティングに向く人はこんな人

イーストウエストコンサルティングをぜひ利用した方が良い人は、こういう人です。

  1. 管理職経験や専門性などヘッドハンティングされるレベルの職歴やスキルがある
  2. バイリンガルを強みにしている、語学力を活かしたい
  3. 外資系企業に転職したい

なぜそう言えるのか、評判やメリット・デメリットはこの後解説します。

イーストウエストコンサルティングの概要

イーストウエストコンサルティング株式会社は、1987年3月19日設立の日本最大級のエグゼクティブサーチファームです。

30年以上の歴史を持ちハイクラスの転職を長く支援してきました。

外国人の従業員が多く働いている人の口コミに「海外で働いている様だった」と書かれる程。

外国人担当者の場合、バイリンガル(日本語OK)の方もいますが英語のみの方もいます。

英語力が問われる求人も多いので、求職者の英語力を確認するため英語でリクルーティングしている側面もあるかもしれません。

扱う求人にはリテーナー型と成功報酬型があります。

リテーナー型とは、内密な求人に対して厳選したしかるべき候補者を紹介する、いわゆる”ヘッドハンティング”です。

成功報酬型は、転職エージェントと同じようなものだと思ってよいでしょう。

スカウトメールなどで連絡が来るのは後者だと思っておいたほうがいいでしょう。

基本情報

運営会社イーストウエストコンサルティング
所在地東京都千代田区紀尾井町4-1 ニューオータニガーデンコート23階
設立1987年3月19日
公開求人数343件(2024/5/26時点)
非公開求人非公開
対応地域確認中
拠点東京、大阪
おすすめ年代確認中
業種・職種IT、消費財、金融、ヘルスケア、プロフェッショナルサービス、
製造、経営者・役員、事業責任者、マネジャー、中堅、
海外現地人材、弁護士、会計士・税理士、医師
利用料金無料
おすすめ外資系 バイリンガル CxO
公式サイトhttps://www.ewc.co.jp/

イーストウエストコンサルティングってしつこい?

登録してしつこくされたらどうしようと不安な方もいると思うので「しつこいか?」について解説します。

電話勧誘

イーストウエストコンサルティングは、登録をしていなくてもヘッドハンターが勝手に電話を掛けてくる場合があります。

多くの場合英語なので、急に英語で電話が来てびっくりする人もいると思います。

電話勧誘については、きちんと断れば”見込み無し”として何度も同じ方から電話がくることはほばありません。

ふゆみ
ふゆみ

私も電話を受けたことがありますが、丁重にお断りしたところすんなり電話を切られ、その後しつこく電話がかかってくることはありませんでした。

但し、忘れた頃に別の担当者から再び電話がかかってくることはあります(苦笑)。

面談をしたり選考を進めた場合

担当者と面談をしたり選考を進めた場合をみてみましょう。

担当者によっては自分の求人への応募を何度も積極的に推してくる方もいます。

また、内定が出てお断りした場合、何度もしつこく説得したりプッシュしてくる場合もあります。

ただ、そういったしつこいという声も口コミとしては多少あるものの、他の転職エージェントと比べて特段多いわけでもなく担当者次第という印象です。

イーストウエストコンサルティングのいい口コミ

それでは、さっそく口コミを見てみましょう。まずはいい口コミから。

条件をきちんと理解してくれ、紹介求人も詳細にインプットしてもらえ信頼できた

今回の転職活動において重視していることや条件面をお伝えしたところ、きちんと理解してくださり、また紹介求人に関するおすすめポイントは募集背景なども詳細にインプットとしていただき、信頼できるエージェントだなと思いました。

enミドルの転職口コミより

業界や案件に詳しく面接対策も具体的なことまで話してくれた

業界のことを熟知されており、勧めてくれた案件についても、詳しく説明してくれた。

また、面接ではこうしたら好印象を与えることができるといった具体的なことまで話してくれた。

enミドルの転職口コミより

迅速な電話面談で有用なフィードバックを頂いた

Webエントリー後迅速に電話面談を実施させて頂き、有用なfeedbackを頂いた。

enミドルの転職口コミより

正直な話が聞けて評価が高い
<br>

前回のエージェントはとても親切だったけれど、はっきりと難しいかもしれない…とは言ってくれなかったし、今のエージェントは難しいかもしれないけれど、不可能ではないなど、ギリギリをきっちり攻めてくれてありがたい。

イーストウエストコンサルティング、素人的には正直な話がきけて評価高い。

X(旧Twitter)より

おすすめ
<br>

私はイーストウエストコンサルティングがおすすめです。

X(旧Twitter)より

ふゆみ
ふゆみ

いい口コミはたくさん見られましたが当たり障りのないコメントが多かったです。

他の転職エージェントとここが良かったと差別化出来るコメントはあまり見当たりませんでした。

イーストウエストコンサルティングの悪い口コミ

次に、悪い口コミについて見てみましょう。

自分の案件を多少強引気味に押し付けられた(担当者次第!)

面接の手配の仕方については、どこも大差ないと思います。単に調整窓口ですから。

転職者に対するケアは正直に言いまして、他のエージェントの方がよかったです。

ただし、これは担当者によるものが大きいので一概にEWCが他社より劣るとは言えません。

EWCは私が出したレジメを受け取っただけ、他者はクライアントが望む要望事項に関連することがよりよくわかるように事細かく指導してくれました。

また、当時私を担当したEWCの担当者は、自分の持っている案件を多少強引気味に押し付けるきらいがあり、その後はあまり連絡をしていません。
(中略)
私の印象ではEWCは、最上クラスのエージェントではありませんが、ほどほどのところでしょう。

yahoo知恵袋

紹介情報を一元管理してほしい
<br>

イーストウエストコンサルティングの人, 転職先紹介してくるのは勝手にやってくれていいんですけど社員が誰に案内送ったかは一元管理した方がいいと思います

X(旧Twitter)より

ふゆみ
ふゆみ

この後、注意点でも記載しますが、イーストウエストコンサルティングは、コンサルタント同士の連携が取れておらず、複数の担当者にお世話になる場合は面倒臭さを感じるかもしれません。

また、ハズレの担当者に当たってしまうと、対応に気分を害することもありそうです。

どの転職エージェントでも、担当者の当たり外れや相性が出てくるので、複数の転職エージェントに登録して自分に合う担当者を見つけるのが、成功の秘訣です。

イーストウエストコンサルティングが選ばれる理由やメリット

管理職レベル以上の求人に特化!外資系求人が多い

イーストウェストコンサルティングはエグゼクティブサーチ会社ということで、管理職レベル以上の求人にフォーカスしている会社です。

また、求人は外資系企業が多いです。ほぼ、外資系企業の求人といっても過言ではないでしょう。

ですので、外資系企業の管理職やハイクラス転職をしたい方にはいい求人が見つかるかもしれません。

逆にいうと、日本企業はグローバル企業も含めほぼ無く海外営業の求人なども少ないイメージです。

そういった企業や職種を希望される方は別の転職エージェントを利用するほうがよいでしょう。

企業との深い結びつきがあり極秘求人がある

日本最大級のエグゼクティブサーチ会社として歴史もあり、知名度も高い企業です。

30年以上人と企業の最適なマッチングのみに特化してきたので、他の企業には到底真似の出来ないノウハウが蓄積されています。

概要でも少し書きましたが、紹介方式は、成功報酬とリテーナーの両方に対応しております。

リテーナー型はみなさんが想像するザ・ヘッドハンティングといった形で、企業が、オープンにはしたくないポジションや本当に重要なポジションの求人をお任せするのですから(そして報酬額も高いので)、信頼のおける企業でないとお任せしないでしょう。

リテーナー型の求人はその人材会社のみにしか話を通さないことが一般的ですので、そういう極秘求人に出会うには、ヘッドハンティング会社に紹介してもらうしか道はありません。

こういった普通の転職エージェントに流通しない求人に声をかけられる程のレベルの方にとっては、イーストウエストコンサルティングはとても価値の高いエグゼクティブサーチ会社に映るでしょう。

ただし、こういった極秘求人はスキルや職歴から適任と思われないと声がかからないので、一般人からすると関係ない話でもあります(苦笑)。

イーストウエストコンサルティングを利用する上での注意点

成功報酬型の求人は転職エージェントの域をこえない

リテーナー型の求人はみなさんがイメージする”ヘッドハンティング”の様な形ですが、大半の求人は成功報酬型。こちらは正直、他の転職エージェントとあまり変わりません。

恐らくリテーナー型で紹介したいと思ってもらえる人材はひと握りで、殆どの人はこの成功報酬型の求人紹介になると思うので”ヘッドハンティングされた”と浮かれない様にしましょう。

コンサルタント担当者間で情報が共有されない

転職サイトに登録するとイーストウエストコンサルティングの方からスカウトメールが来ることがあります。

しかしそれらの活動はコンサルタント同士で情報が共有されず、別の担当者から何度も同じ求人紹介のメールが来たり経歴や希望を毎回何度も説明させられるはめに。

これは自分の接触した求職者が他の担当者を通して内定が決まると、自分の成績に反映されなかったりボーナスが減ってしまうので、積極的に情報共有したくない心理が働くからだと思われます。

成果主義の会社なので仕方ないかもしれませんが、利用者からすると担当者ごとに同じ説明を何度もさせられるのはたまったもんじゃないですよね(苦笑)。

仕方ないと割り切って、毎回愚直にお話するか、社内共有をきちんとしてくれるエージェントに登録をするのがよいと思います。

ハズレの担当者に当たることもある

様々なコンサルタントがいますが、ハズレの担当者に当たってしまうと対応が悪く、不満の残るものになります。

特に、イーストウエストコンサルティングは外国人コンサルタントが多いと前述しましたが、英会話学校上がりの外国人も多いため、ビジネススキルを兼ね備えていない外国人担当者に当たってしまうことも

確かにコンサルタントの紹介ページを見てみると、日本人の多くは「前職では〜業界で〜な仕事をして」といった説明がありますが、外国人コンサルタントの多くは「来日して○年で〜」といった具合に過去の職歴について触れられてない方が多いのが個人的には気になりました。

担当のコンサルタントが業界についての知識がなかったりビジネスマナーがなってなくて不快な気分にさせられたりするのは嫌ですよね。

また、いくら英語力が高かったりネイティブだったとしても、ビジネススキルやビジネスセンスがなければ企業に響くアピールの仕方や履歴書の添削がイマイチなものになる可能性が高いです。

サポートを受ける場合、自分が担当してくれるコンサルタントの経歴やビジネススキルもよく見ながら、見極めて頼るのが◎です。

また、新卒や転職してすぐで経験値が浅いコンサルタントや質の悪いコンサルタントはどの転職エージェントにもいるもの。

登録してみて担当者と相性が悪かったり対応があまりに悪い場合、こればっかりは仕方がないと諦めて、担当者の変更を願い出るか別の転職エージェントに登録し、相性のいいキャリアアドバイザーを見つけるのが良いでしょう。

気分を害したり相性が悪いのに、無理をして付き合い続ける必要はありません。

イーストウエストコンサルティング利用の流れ

1.コンサルタントからの連絡 or 登録

イーストウエストコンサルティングとのやり取りのスタートは、突然かかってきた電話やビズリーチなどの転職サイトでのスカウトメールという方が多いのではないのでしょうか。

もちろん、コンサルタントから連絡が来たことがないが登録したい、という人の場合、自分発信で登録することも出来ます。

公式サイトより

2.コンサルタントとの面談

コンサルタントと面談を実施します。

以前は、オフィスで面談したり会社の近くまでコンサルタントが来てくれてカフェで面談、というのも主流でしたが昨今はオンライン面談が増えています。

また、時間がない場合は電話での面談も可能です。

多くのコンサルタントの場合は英語で面談することが多い様ですが、日本人や日本語が流暢な外国人の場合は日本語で対応してくれる場合もあります。

面談では、あなたの職歴やスキル、キャリアの悩み、転職の条件や目指すものなどをしっかりとお伝えしましょう。

面談までに、履歴書や職務経歴書を準備しておくと話がスムーズに進みます。

3.求人への応募・面談

面談をもとに、コンサルタントがあなたに合う求人を紹介してくれます。

紹介された求人は必ず応募しないといけない訳ではなく、興味がある求人のみ応募する形になります。

もちろん、一件も応募しない(転職活動を進めない)という選択肢もありです。

4.内定・入社

内定が出たら、入社条件の確認を行ってくれます。

また、退職・入社から入社後までフォローしてもらえます。

まとめ:外資系やステップアップ転職したいなら

いかがでしたか。イーストウエストコンサルティングは、日本最大級のエグゼクティブサーチ会社です。

実際には、多くの方は、転職エージェントの様な形で利用することになると思います。

今のスキルを活かしてステップアップしたい人や、外資系企業へ転職したい人は登録をしてみてください。

あなたにとって、素敵なキャリアが見つかりますように。

「転職活動は仕事の繁忙期が落ち着いてから」「転職活動は次のボーナスをもらってから」と思っていませんか。

中途採用はいつ求人が出るか分かりません。

しかも、条件のいい求人はすぐに埋まるので速やかに応募する必要があります。

求人を見て応募を見送ることは出来ますが、逃した求人を後で取返すことはできません。

転職活動は少し先と思っても、まずはエージェントへの登録し、希望条件に合う求人が手に入る環境を作っておきましょう。

イーストウエストコンサルティングは、エグゼクティブ求人&外資系企業に強い会社ですが、求人数はそこまで多くありません。

外資系企業への転職を希望するならJACリクルートメントがおすすめ。筆者も利用しています。

  • スタートアップ~大手外資系まで求人が幅広い
  • 外資系企業やハイクラスに強い
  • 担当者の質がよい

具体的な転職の相談だけでなく「キャリア全体や転職のタイミングの相談などにも丁寧に乗ってもらえる」という口コミもあります。

面談すると、自分のスキルだとどんな求人が紹介してもらえるのか教えてもらうことができます。

すぐの転職でなくても、現状を把握する為まずは話をしてみましょう。。

20代・30代の転職なら、マイナビエージェントがおすすめ。

マイナビエージェントを勧める理由は・・・
 ✔︎ 初めての転職活動に定評あり!丁寧なサポートが受けられる
 ✔︎ 大手エージェントの中でも、若手の求人数は、トップクラス!

 ✔︎ 全業種職種の広範囲をカバーしつつ、IT・Web・金融・エンジニアなど特化サービスも提供

転職の初歩的なことから、業界のことまで、気兼ねなく質問出来る安心感がありますよ。

この記事を書いた人
ふゆみ

中流大学卒。中小企業でキャリアスタートしたが、転職を経て、現在、大手外資系企業で勤務中。

結婚、出産、育休を経験し、子育てもしながら、フルタイム勤務で働くワーママでもある。

女性は、ライフイベントが多い上に、仕事をしていても家事育児は女性比重が重く、その上、まだまだ男性社会の中で結果が求められる。そんなハードモードの人生ではあるけれど、女性が、仕事もプライベートも、楽しく幸せに生きていく為のヒントになればと、発信をしています。

趣味は、旅行と、食べること。TOEIC875

ふゆみをフォローする
外資系企業に強い