本サイトには広告が含まれています

グローバルウェイの転職エージェントはやばい?評判口コミ・注意点を解説

外資系企業に強い

この記事では転職エージェント「グローバルウェイハイクラスエージェント」の特徴や評判について、中小企業から大手企業へステップアップ転職した筆者が解説していきます。

この記事でわかること

✔︎ グローバルウェイは評判口コミはいい?
✔︎ グローバルウェイを使うときの注意点は?
✔︎ グローバルウェイってやばいの?

書いた人:キャリ索ふゆみ
いい求人に出会う方法

新卒採用と違い、中途採用はポストが空いたり増員のタイミングにしか募集しません。

しかも好条件の求人はすぐ埋まるので、求人が出たら速やかに応募する必要があります。

希望に合う好条件求人が出たらすぐに紹介してもらえるよう、今のうちにエージェントに登録を済ませ希望を伝えておきましょう。

ふゆみ
ふゆみ

今すぐ転職活動しない人も数を見る事で目が養われ、良い求人を逃しにくくなります!

外資系企業への転職なら、JACリクルートメントがおすすめ。筆者も利用しています。

  • スタートアップ~大手外資系まで求人が幅広い
  • 外資・グローバル企業・ハイクラスに強い
  • コンサルタントの対応が丁寧

具体的な転職相談はもちろん「転職タイミング含めた長期的なキャリア相談も丁寧に乗ってもらえる」という口コミもありますので、転職活動をするかどうかも含めて気軽に相談してみましょう。

外資系に強く担当者の質がいい

【結論】グローバルウェイハイクラスエージェントに向く人はこんな人

グローバルウェイハイクラスエージェントをぜひ利用した方が良い人はこういう人です。

  1. IT・コンサル・メディカルの外資系企業で働いているがステップアップ転職したい
  2. IT・コンサル・メディカルの日本企業で働いているが外資系企業へ転職したい
  3. 年収600万円以上あり、いい求人があれば転職したい

なぜそう言えるのか、評判やメリット・デメリットはこの後しっかりお伝えしていきます!

ハイクラスエージェントの概要

グローバルウェイハイクラスエージェントは株式会社グローバルウェイが運営する転職エージェントです。

会社としては、リクルーティング事業以外にITの構築系の仕事やメディア事業、シェアリングビジネス事業を行っています。

メディア事業は「キャリコネ」という企業の口コミサイトを運営しています。

グローバルウェイは知らないけれどキャリコネは知ってるよという人も意外とあると思います。

グローバルウェイハイクラスエージェントはハイキャリア向けの転職エージェントで、IT・コンサル・メディカル業界の外資系企業をメインに求人を保有しています。

ハイクラスエージェントの基本情報

運営会社株式会社グローバルウェイ
所在地東京都渋谷区神宮前二丁目34番17号 住友不動産原宿ビル 19階
設立2004年10月
公開求人数
非公開求人3000件以上
対応地域確認中
拠点東京
おすすめ年代全年代
業種・職種IT・コンサル・メディカル
利用料金無料
おすすめ外資系 ハイクラス IT コンサル メディカル
公式サイトhttps://www.globalway.co.jp/lp/rs/

グローバルウェイハイクラスエージェントはやばい?

グローバルウェイと検索すると「グローバルウェイ やばい」と出てくるので不安になっている人もいると思います。

結論から言うとグローバルウェイの株価がすごいことになったことが「やばい」と検索される理由と推測します。

グローバルウェイは2004年創業ですが2016年には上場し、東証マザーズ上場企業となっています。

そんなグローバルウェイは2021年で最も個人投資家の注目を集めた銘柄とも言われております。

というのも株価がぐんぐん上がり2021年7月21日で株価73円だったところから2021年11月2日には4385円まで上昇。なんと株価60倍!

しかし、その後は予想通り株価は大暴落。

2023年4月で見ると200円前後になっています。

この暴落は子会社のタイムチケットへの思惑が要因と言われており、グローバルウェイ自体の経営や事業に関しては問題なく堅調です。

とはいえ、この株価の騰落具合やその間に行われた歴代最短の株式分割、そして少し過激?な会長のTwitterなどが「グローバルウェイ やばい」に繋がっていると思われます。

グローバルウェイハイクラスエージェントのいい口コミ

それではさっそく口コミを見てみましょう。

面接対策のおかげでコロナ禍でも転職できた
<br>

コンサルタントの面接対策のおかげでコロナの中でも転職できました。本当に助かりました。

Google口コミより

会長の各務さんから連絡が来た
<br>

ここだけの話。グローバルウェイの各務さんからメール頂いたことがある。人材エージェント関連でだけど、上場企業の社長さん自ら営業するのかとびっくりした。

X(旧Twitter)より

ふゆみ
ふゆみ

この後にも書きますがトップの各務さんが現役で活動しエージェント部門を引っ張っているのは期待できるポイントだと思います。

グローバルウェイエージェントの悪い口コミ

次に、悪い口コミを見てみましょう。

スカウトの連絡をもらったのにその後連絡がない
<br>

エージェントスカウトで連絡してきたが、返信後、全く連絡してこない。

評判が悪いようなので、結果論として良かったが、最低限の仕事すらできない会社。

にしても何がしたいのか真面目に理解不能。

Google口コミより

サポートも結果連絡もなかった
<br>

転職サイトにてメッセージをもらい、この会社を通して応募したものの、サポートがなければ結果連絡も何もなかった。

責任感が全くないエージェント。

Google口コミより

言葉遣いやメールの文面が失礼
<br>

社員は高圧的で礼儀がまるで出来ておらず驚きました。

まるで同僚に話しているかのような言葉遣いやメール文面の失礼なコンサルにあったのはここが初めてです

Google口コミより

低評価には理由があった
<br>

初対面の人には敬語までは行かなくても、「ですます口調」ぐらいは意識したほうがいいと思います。

みんなが低評価するには理由があった。

Google口コミより

ふゆみ
ふゆみ

残念ながらあまり質の高くない担当者もいる様です・・・。

あえてフランクに話そうとしているのかもしれませんがハイクラス向けであればきちんとした対応を望む人も多いはず。

どの転職エージェントでも担当者の当たり外れがあったり相性が悪い担当者に当たるのは有り得ること。

ここは割り切って他の担当者に変えてもらう様お願いするか、複数の転職エージェントに登録して自分に合う担当者を見つけるやり方が成功の秘訣です。

JACリクルートメントは外資系に強いハイクラス向け転職エージェントのひとつです。

総合エージェントなのでIT・コンサル・メディカルはもちろんそれ以外の業界の求人もたくさん持っています。

コンサルタントは業界ごと担当で業界に詳しく相談する価値があります。

今すぐでなくても将来転職を考える人も、現状把握の為に相談してみましょう。

グローバルウェイハイクラスエージェントが選ばれる理由やメリット

会長自身が現役で活動中!!

グローバルウェイの創業者で外資系ヘッドハンターとして有名な各務さんが現役でリクルーティング活動をしています。

ふゆみ
ふゆみ

口コミでも「各務さんから連絡があった」という声を紹介しましたが、実は私も2022年に、とある転職サイトで各務さんからオファーメールを受け取ったことがあります。

各務さんは元々UBS銀行やドイツ銀行をはじめとした外資系企業を渡り歩き、実績を上げてきた人です。

米国のエンタープライズソフトウエア企業ウェブメソッド(現ソフトウェアAG社)では営業マネージャとして勤務し、世界一の営業成績を残したこともあるそう。

そういったバックグラウンドもあり、有力企業のCxO(組織責任者・執行役)との非常に深い人脈を持っています。

その繋がりでいい条件の求人案件を持っているのです。

そういった企業から求人をお預かりしているだけでなく社長や担当役員と直接連絡が取れるので、あなたが魅力的な人材で紹介したいと思ってもらえたら求人として出ていないポジションでも交渉して推薦もらえるかもしれません!

これは普通のコンサルタントには出来ないワザですね。

外資系企業に強くしっかり年収アップが見込める

グローバルウェイハイクラスエージェントは外資系企業に強い転職エージェントとして業界内でも有名な企業です。

外資系企業に強く、超大手はもちろんこれから伸びるであろう企業の求人も多数持っています。

外資系IT企業、コンサルティングファーム、システムインテグレーター、製薬・医療機器メーカー、急成長中のベンチャー企業を中心に約1,000社以上の企業の経営層や役員と強いパイプを持っています。

CxOや役員クラスとの直接のコネクションもあるので、具体的な情報をもらえたり色々と交渉をしてもらうことで年収アップが期待できます。

キャリアアップになる転職しかお勧めしない

グローバルウェイハイクラスエージェントでは「キャリアップにならない場合には転職をお勧めしません」と謳っています。

これは「お約束」としてウェブサイトでも謳っています。

GlobalwayAgent執筆のResacoの記事より

転職希望者にやたらと求人を紹介はせず、求職者と企業のベストマッチを考えて転職成功率を上げています。

数を打つのではなく、質で勝負!という姿勢ですね。

グローバルウェイハイクラスエージェントを利用する上での注意点やデメリット

一定の年収(600万円以上)無いと厳しい

グローバルウェイハイクラスエージェントはハイクラス向けということもあり、一定の収入がないと利用が難しいです。

口コミで「スカウトが来たのに連絡が途切れた」とありますが、恐らくその方の年収が高くなくターゲット外とみなされた可能性が高いです。

グローバルウェイハイクラスエージェントは転職エージェントではなく登録型ヘッドハンターであると自称しています。

※この記事では便宜上グローバルウェイハイクラスエージェントのことも転職エージェントと呼ばせて頂いています。

ふゆみ
ふゆみ

サービス名にエージェントと入っているのにややこしいですね(苦笑)。

グローバルウェイハイクラスエージェントは転職エージェントとヘッドハント(登録型)を下記のように定義しています。

ヘッドハント転職エージェント
対象となる求職者経営幹部・高年収帯の求職者のみ誰でも
登録方法・ヘッドハンターからスカウト(サーチ型)
一定の年収条件(概ね600万円以上)を満たした人が自ら登録(登録型)
求職者自ら登録する登録型のみ(登録を促すメールは来る)
紹介する求人・外資系、経営幹部などハイクラスな厳選した求人
・非公開求人
・めぼしい人材と判断すれば求人がない企業でも売り込みに行く
・基本的に希望に沿った求人
・希望していない企業/業界からのスカウトメール
・非公開求人
年収現在の年収よりも高年収現在と同レベルか微増微減する年収帯が多い
費用無料無料

GlobalwayAgent執筆のResacoの記事より

一定年収(概ね600万円以上)が条件となっているため、年収が高くない方は利用が厳しくなります。

もし現在の年収が500万円以下の場合、グローバルウェイハイクラスエージェントでは求人を紹介してもらえない可能性が高いです。

登録をするだけ時間の無駄なので他の転職エージェントを利用しましょう。

質の良くない担当者がいる

口コミにもありましたが、口調やメールの文面がフランクすぎたり連絡を返さない担当者もいる様です。

グローバルウェイは事業拡大中の企業ということもあって、新しいメンバーも増員しています。

入社して歴が浅かったり、スキルが十分でない人もいるのかもしれません。

ただ、経験の浅い人や相性の悪い人に当たる可能性はどの転職エージェントでもあり得ます。

こればっかりは仕方ないと割り切って担当者変更をお願いするか、他の転職エージェントにも登録して相性のいい担当者を見つける方がいいでしょう。

気分を害してまで付き合い続ける必要はありません。

ちなみに複数の転職エージェントを併用することは全く問題ありません。

グローバルウェイハイクラスエージェント登録から利用の流れ

1.登録

まずはグローバルウェイハイクラスエージェントに登録しましょう。

登録をするとヘッドハンターからカウンセリング日程に関して連絡があります。

2.ヘッドハンターとの面談

担当者との面談を行います。

ここではこれまでの経歴や現在の状況、希望をヒアリングされます。

グローバルウェイハイクラスエージェントでは企業カルチャーも含めて総合的に判断するため、企業紹介の前にヘッドハンターとの面談が必須となります。

3.求人へ応募・選考対策

紹介してもらった求人の中で希望の求人があれば応募が出来ます。

応募を決めたら企業に合わせた職務経歴書・履歴書の作成をサポートしてくれます。

また面接対策も1対1で丁寧に行ってくれます。

書類も面接も内定を得るための重要なポイント。

しっかり対策することで内定に大きく近づくことが出来ます。

紹介してもらった求人にピンとくるものがなければどれにも応募しないというのもOKです。

5.内定・入社

内定が出たら企業と入社条件について確認・調整をし、問題なければ現職の退職や入社の手続きを行います。

まとめ:IT・コンサル・メディカルの外資系企業を目指すなら

グローバルウェイハイクラスエージェントは、IT・コンサル・メディカルの外資系企業に強い転職エージェントです。

但し、年収が低いと利用するのは厳しいです。

現在600万円以上あり年収アップ・キャリアアップをしたい人は一度相談してみてください。

すぐに転職を考えていなくても将来的な転職の相談や長期キャリプランの相談でも大丈夫ですよ。

あなたにとって素敵なキャリアが見つかりますように。

「転職活動は仕事の繁忙期が落ち着いてから」「転職活動は次のボーナスをもらってから」と思っていませんか。

中途採用はいつ求人が出るか分かりません。

しかも、条件のいい求人はすぐに埋まるので速やかに応募する必要があります。

求人を見て応募を見送ることは出来ますが、逃した求人を後で取返すことはできません。

転職活動は少し先と思っても、まずはエージェントへの登録し、希望条件に合う求人が手に入る環境を作っておきましょう。

外資系企業への転職を希望するならJACリクルートメントがおすすめ。筆者も利用しています。

  • スタートアップ~大手外資系まで求人が幅広い
  • 外資系企業やハイクラスに強い
  • 担当者の質がよい

具体的な転職の相談だけでなく「キャリア全体や転職のタイミングの相談などにも丁寧に乗ってもらえる」という口コミもあります。

面談すると、自分のスキルだとどんな求人が紹介してもらえるのか教えてもらうことができます。

すぐの転職でなくても、現状を把握する為まずは話をしてみましょう。。

この記事を書いた人
ふゆみ

中流大学卒。中小企業でキャリアスタートしたが、転職を経て、現在、大手外資系企業で勤務中。

結婚、出産、育休を経験し、子育てもしながら、フルタイム勤務で働くワーママでもある。

女性は、ライフイベントが多い上に、仕事をしていても家事育児は女性比重が重く、その上、まだまだ男性社会の中で結果が求められる。そんなハードモードの人生ではあるけれど、女性が、仕事もプライベートも、楽しく幸せに生きていく為のヒントになればと、発信をしています。

趣味は、旅行と、食べること。TOEIC875

ふゆみをフォローする
外資系企業に強い