本サイトには広告が含まれています

転職エージェント全部断られた!門前払いされて相手にされない場合の解決策

転職エージェントに断られた 転職の基礎知識

転職エージェントに登録したけど断られてしまった人や、転職エージェントに登録したいけれど断られないか心配な人に向けて、転職経験者の筆者が解説していきます。

この記事でわかること
  • 転職エージェントに断られやすい人の特徴
  • 転職エージェントに断られない為の対策
  • おすすめの転職エージェント

なぜ転職エージェントは断るのか?

転職エージェントに登録したのに、面談を断られたり、紹介できる求人がないとサポートを断られてしまうことがあります。

転職エージェントのビジネスモデル

転職エージェントのビジネスモデルを理解すると、断られる理由が見えてきます。

転職エージェントのビジネスモデルは、主に「成功報酬モデル」となっています。

エージェントが候補者を企業に紹介しその候補者が採用された場合にのみ、エージェントに報酬が支払われるのです。

転職エージェントが断る理由①紹介できる求人がない

転職エージェントが候補者を断る理由の一つとして「紹介できる求人がない」ことが挙げられます。

転職エージェントは、様々な企業から依頼される多種多様な求人を扱っていますが、これらの求人は特定のスキルセット、経験レベル、業界知識などの条件を満たす候補者を求めています。

候補者がこれらの条件と一致しない場合、エージェントは適切な求人を提供できないと判断することがあります。

例えば、ある候補者が特定の技術や業界経験を持たない場合、その分野の求人を紹介することは困難です。

転職エージェントが断る理由②人が足りていない

転職エージェントに断られる理由の一つに、エージェント側の人員不足が挙げられます。

転職エージェントは、キャリアのアドバイス、履歴書のブラッシュアップ、面接対策など各候補者に合わせた丁寧なサービスを提供しています。

一人当たりでサポートできる人数には限りがるので、転職市場が盛り上がっている時期や登録者が増えた場合、全員をサポートするのが難しくなってしまうこともあります。

これ以上のサポートが提供できないとなった場合、転職エージェントは新しい候補者の受け入れを控え、すでに手がけている顧客へのサービス品質を守る選択をすることがあります。

この状況では、特定の基準を満たす候補者のみを受け入れるという形になり、通常よりもハードルが高くなってしまいます。

例えば、新年度に向けて転職希望者が増える1~2月や賞与をもらって辞めようと考える6~7月などは求職者が増え、求人の動きも活発になるので転職エージェントは忙しくなります。

一方、新年度を迎えた直後で大型連休もある4~5月や8月、また多忙な時期で転職活動に注力しにくい12月などは、転職業界の閑散期に当たります。

閑散期の方が求職者が少ないので、基準が低くなりやすいのでその時期を狙って登録するのがおすすめです。

転職エージェントに断られやすい人の特徴

断られる特徴①スキルや経験と希望条件がかけ離れている

希望する仕事に活かせるスキルや経験があまりないと紹介できる求人がなく断られることがあります。

また、候補者の希望する条件、例えば給与、勤務地、勤務時間などが市場の実情と大きく異なる場合、エージェントはその条件に合う求人を見つけることができず、断られる可能性が高まります。

自分の希望・要望が現実的なラインかどうかは、よくリサーチ・吟味した方が良いでしょう。

断られる特徴②業界・職種・地域・年代がエージェントの求人に合わない

転職エージェントにはそれぞれ得意とする業界、職種、地域、年代があります。

これはエージェントが持つ専門性や市場へのアプローチ方法、築いてきたネットワークによって異なります。

例えば、若手に強いエージェントもあれば、ミドルシニア層に特化したエージェント、第二新卒に特化したエージェントもあります。

地域で言うと、首都圏の求人がほとんどのエージェントもあれば全国に支店があって地元企業と強いネットワークを持っているエージェントもあります。

自分の業界職種や地域、年代にあったエージェントを選ばないと「求人がないので紹介できません」と言われてしまう可能性が高いです。

断られないためにも、自分の特性にあった転職エージェントを選ぶことが重要です。

頻繁な転職歴・キャリアブランク

頻繁な転職は、安定性や長期的なコミットメントの欠如と見なされることがあります。これが転職エージェントや将来の雇用主にネガティブな印象を与える可能性があります。

しかし、転職歴に合理的な説明があれば、必ずしもマイナスというわけではありません。例えば、キャリアアップのための転職、不可抗力による職場の変更など理由をきちんと説明することが大切です。

長いキャリアブランクも転職エージェントから断られる理由になり得ます。

しかし、ブランク期間に何をしていたかが重要です。資格取得、ボランティア活動、自己学習などきちんとアピールすることが重要です。

転職エージェントは個々の候補者をケースバイケースで評価します。

全てのエージェントが頻繁な転職歴やキャリアブランクをネガティブに捉えるわけではありませんので、魅せ方を考えることが大切です。

転職エージェントに断られない!解決策

ではどうすれば、転職エージェントに断られず、サポートしてもらうことができるのでしょうか。

希望条件の見直しを行う

転職エージェントに断られる主な原因の一つは、候補者の希望条件が現実の市場状況と合致していないことにあります。

例えば、過度に高い給与を希望、未経験の職種への転職希望、限定された勤務地域など、現実離れした条件ではエージェントが求人を見つけることが出来ず、サポートを断られる原因になります。

このため、自分の希望条件を市場の実情に合わせて柔軟に調整することが、転職エージェントに受け入れられる鍵となります。

市場調査を行い自分のスキルや経験に基づいて現実的な給与範囲を理解することや、地域や職種に関してもっと広い視野を持つことが重要です。

まずは条件を広げて様々な求人を見ることで、より自分にあった求人に出会ったり、思いがけない最高な仕事に巡り会える可能性が高まります。

どう条件を変えていいか分からない人や自分の転職軸がぶれて定まらない人は、有料の転職コーチングを受講するのもおすすめです。

転職コーチングは安くはありませんが、自分を正しく理解し自分に本当にあった軸で転職を叶えることで、充実した人生を歩むことができるでしょう。

例えば、ポジウィルは無料面談だけでも自分を見つめ直すきっかけになると好評なので、まずは無料面談だけでも受けてみる価値はあるでしょう。

初回カウンセリング無料

条件に合う転職エージェントに登録する

転職エージェントにも、得意不得意があります。

自分の年代・業界職種・地域に合う転職エージェントに登録することが断られない秘訣です。

年代ごとや特性別のおすすめ転職エージェントの記事を参考に、自分に合いそうな転職エージェントを探して登録をしましょう。

転職サイトを活用する

全ての転職エージェントに断られてしまった場合や未経験での転職を希望する場合は、転職サイトを活用しましょう。

転職サイトは、転職エージェントのように担当者がついてアドバイスをくれることはありませんが、自分で好きに求人を探し応募することが出来ます。

まとめ:転職エージェントに断られたときは条件や登録するエージェントを見直そう

転職エージェントから断られたとき、それは転職活動の終わりではなく、新たな戦略を立てる絶好の機会です。

転職条件の見直しや自分の特性や業界知識に合った転職エージェントを選ぶことが重要です。

自分の経験やスキル、市場の需要に基づいて現実的な希望を設定することが大切です。

この時、有料の転職コーチングを利用するのも一つの方法。専門家の手助けを借りて、自分のキャリアの軸を見つけ、戦略的に転職計画を練ることができます。

エージェント選びには、そのエージェントが何に強みを持っているのかきちんと把握することが大切です。

自分に合うエージェントを選ぶことでより多くの求人を紹介してもらうことができ、転職の成功に近づくことが出来ます。

転職はただの選択肢ではなく、自分自身を成長させる機会と捉え、前向きな姿勢で臨みましょう。

おすすめ転職エージェント

転職エージェントを上手く活用する最大のコツは、自分の属性に合うエージェントに登録すること。
年齢や特徴ごとの得意不得意をまとめたので、自分に合うエージェントに登録しましょう。

エージェント名
リクルートエージェント

JACリクルートメント

マイナビエージェント
キャリアスタート
キャリアスタート
特徴 オールマイティ!
誰でも最初に
登録しておきたい
ハイクラスや
外資系・英語を
活かすなら!
若手から支持!
初めての転職に
優しいサポート
既卒やフリーター
に特化!
正社員を目指すなら
20代 どの年代にも対応 スキルを活かせる求人が豊富 初めての転職に
心強いサポート
未経験求人多数
30代 どの年代にも対応 ハイクラスに強い スキルを活かせる
求人が豊富
多くはない
40代・50代 どの年代にも対応 ハイクラスに強い 多くはない ほとんどない
外資系・
グローバル企業
グローバル企業
も豊富
外資系企業
に強い
多くはない ほとんどない
社会人経験が浅い
・未経験
求人数業界トップ!
様々な求人がある
スキルが求められ 若手に強い 職歴なしや未経験
でもOK
詳細 詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る
この記事を書いた人
ふゆみ

中流大学卒。中小企業でキャリアスタートしたが、転職を経て、現在、大手外資系企業で勤務中。

結婚、出産、育休を経験し、子育てもしながら、フルタイム勤務で働くワーママでもある。

女性は、ライフイベントが多い上に、仕事をしていても家事育児は女性比重が重く、その上、まだまだ男性社会の中で結果が求められる。そんなハードモードの人生ではあるけれど、女性が、仕事もプライベートも、楽しく幸せに生きていく為のヒントになればと、発信をしています。

趣味は、旅行と、食べること。TOEIC875

ふゆみをフォローする
転職の基礎知識
ふゆみをフォローする
キャリ索
タイトルとURLをコピーしました