本サイトには広告が含まれています

転職活動するなら押さえておきたい転職エージェントと転職サイトの違い

転職の基礎知識

転職エージェントと転職サイト、違いをしっかり理解して使い分けていますか?

サービスをしっかり活用するためにも違いを理解しておくことは大切です。

この記事では、転職に詳しい筆者が転職エージェントと転職サイトの違いを解説していきます。

読んで欲しい人

✔︎ リクナビNEXTとリクナビエージェント、マイナビ転職とマイナビAgentの違いがわからない
✔︎ 適当に検索で上位に出てきた所に会員登録をしている
✔︎ 転職サイトとエージェント、どっちに向いているかわからない

書いた人:キャリ索ふゆみ
いい求人に出会うには

新卒採用と違い、中途採用(転職)はポストが空いたり増員のタイミングにしか募集しません。

しかも企業によっては、特定のエージェントにしか情報を出さない企業もあります。

理想的な求人に出会う確率を上げるには、複数の転職エージェントに登録するのが鉄則です。

ふゆみ
ふゆみ

今すぐ転職活動しないつもりでも、理想的な求人が出てくるかもしれません!

こればかりはタイミングなので、まずは情報を貰える状況を作っておくことが重要!

転職するかの判断は理想的な求人に出会ってから考えるでも遅くありません。

希望に合う好条件求人が出たらすぐに紹介してもらえるよう、今のうちにエージェントに登録を済ませ希望を伝えておきましょう。

転職エージェントがたくさんあってどれに登録していいか分からないなら、まずはリクルートエージェントに登録!

リクルートエージェント RECRUIT AGENT
リクルートエージェント RECRUIT AGENT

リクルートエージェントは、業界最大級の求人を持っており、年代や地域、業界職種関係なく求人を紹介してもらうことができます。

求人の数が多いだけでなく、転職者支援実績No.1!転職活動をするなら、登録しておいて間違いがないエージェントです。

登録も利用も無料ですし、合わないと感じたり転職活動を辞めようと思ったら、すぐに退会できるので、安心して登録してくださいね。

転職サイトと転職エージェントの違いは?

転職と検索すると様々なサービスが出てきます。

しかし、その中に転職サイトと転職エージェントがあることを理解している人は、多くないかもしれません。

一言で説明すると転職サイトは転職情報サイト、転職エージェントは人材紹介サービスに位置付けられます。

・・・といってもピンと来ないと思いますのでもう少しかみ砕いて説明していきます。

ちなみに、代表的な転職サイトは、リクナビNEXTマイナビ転職、転職エージェントは、リクナビエージェントマイナビエージェント、などが挙げられます。

違い①求人の探し方

<転職情報サイト>

転職情報サイトには、様々な業種や職種の求人が載っています。

転職情報サイトでは、自分で求人を検索をし、掲載されている求人の中から自分で選んで、直接企業に応募します。

ですので、転職情報サイトは、どんな求人があるのかまずは広く見比べたい人や、自分のペースで転職活動を進めたい人に向いています。

<転職エージェント>

転職エージェントでは、最初にキャリアアドバイザーと1対1の面談を行い、これまでの経験や希望に合った求人をキャリアアドバイザーから紹介してもらって、応募を進めていきます。

非公開求人を含めた、膨大な数の求人情報から、あなたに合う求人を提案してくれるので、積極的に転職を考えているならば、転職エージェントを使う方が効率的です。

希望する職種や条件の設定の相談や、不採用が続いて自信が無くなったときなどに客観的な目を持った転職のプロに相談出来るのは心強いですね。

キャリアアドバイザーとは?

通常、転職エージェントに登録を行うと、その転職エージェントのキャリアアドバイザーが担当として付き、キャリアに関する相談や、求人探し、面談の手配や交渉といった、転職活動をサポートしてくれます。

多くの転職エージェントでは、業種や職種ごとに担当が分かれており、その領域に詳しい担当者がついてくれます。うまく活用することで、気付いていなかった自分の強みや、知らなかった転職に巡り合えるでしょう。

違い②企業への応募・交渉

<転職情報サイト>

企業への応募はもちろん、面接の日程調整やスケジュール管理、条件の交渉なども自分で行います。

良くも悪くも自分次第で出来るのが、転職情報サイトからの応募。

気になる求人にすぐにアプローチ出来る点はよいですが、入社後の条件の確認や年収の話といった交渉なども、全て自ら行う必要があります。

<転職エージェント>

企業への書類応募から、面接日程の調整、条件交渉などをすべて、キャリアアドバイザーが対応してくれます

面接結果がなかなか出ずにモヤモヤする時なども、アドバイザーが間に立って調整をしてくれることで、円滑に状況を確認することも出来ます。

第三者に入ってもらうことで直接聞きにくいこともしっかり確認したり、よりスムーズに希望を叶えやすくするなるのは有難いですね。

また、各企業の社内情報や過去の面接について、転職エージェントは情報を持っているので、その企業や求人の部署がどういう雰囲気で、どういう人が活躍できそうなのか、面接で何を見られているのかなど、それぞれの企業に関して実情を聞けたり、面接のアドバイスをもらえるのは、心強いです。

違い③求人数や内容

<転職情報サイト>

転職情報サイトでは、幅広い業種・職種の求人を多数掲載しています。

業界未経験でも応募可能な求人もあり、これまでの業種や経験にこだわらず、広く仕事を探していくにはとても有益なサイトです。

<転職エージェント>

多くの転職エージェントでは8割程度は非公開求人です。

人気企業や人気業種は公開すると応募が殺到して企業に負担が掛かるので、アドバイザーがよいと思う人だけを紹介する形をとっているのです。

すべての人に門戸が開かれていないからこそ、より人気企業や隠れた優良企業に巡り合えたり、応募者のライバルが少ないことが期待できます。

サービスにお金はかかる?本当にタダなの?

ここで気になってくるのはサービスを利用するのにお金はかかるのか?

多くの転職サイトや転職エージェントは、求人者が登録するのはもちろん無料、面談も無料、サポートも転職が決まっても無料、と、全て無料となっています。

そんなオイシイ話はないだろうと思うかもしれませんがビジネスモデルを理解すれば納得です。

これらの利用料は、求人者でなく、採用側の会社がエージェントに支払っています。

ですので、転職活動をしているあなたが支払いを求められることはありません!

安心してがっつりフル活用してください。

ただし、転職サイトやエージェントによっては、より情報が得られたり特別なサービスを受けられる有料サービスやオプションサービスを追加で提供している場合もあります。

登録の際、何が有料サービスなのか、自分に必要そうなのか、見るようにしましょう。

転職情報サイトを活用しよう

転職情報サイトで出来ること

転職情報サイトでは、主に、求人情報の検索や情報収集が行えます。

また、気になる求人があれば、すぐにアプローチすることができます。

サイトによっては、様々な転職ノウハウの記事や、適正診断のツールなど、転職に役立つ情報が得られたりもします。

転職情報サイトに向いている人

転職情報サイトでは、多くの求人を見ることができます。

ゆくゆくは転職活動をしたいけれど、本格的にはまだ動き出さないと思っている人、とりあえず情報収集だけ始めるかと思っている人は、まずは転職情報サイトを使いましょう。

好きなタイミングで検索したり、応募したりできるので、自分のペースで転職活動を進めたい人は、転職情報サイトの活用が向いているでしょう。

また、社会人経験が少なかったり、未経験では難しい仕事に挑戦してみたい人も、転職情報サイトがおすすめです。

転職エージェントは、キャリアアドバイザーが求人を紹介するため、経験が少ないと紹介できる案件が少ない場合があります。

転職情報サイトは、自分で応募をする形の為、好きなだけ検索できますし、もし募集要項に満たない求人でも、ダメ元でアプローチすることもできるでしょう。

転職エージェントで受けれるサービス

転職エージェントに登録すると、キャリアアドバイザーがついてくれます。

キャリアで迷ったり、転職がうまくいくか不安がある場合はもちろん、転職で大切にしたい軸や転職での希望など、様々なキャリアの相談をすることができます。

転職活動を進めるうえで大切な、書類の添削や面接の対策も行ってくれます。

また、キャリアアドバイザーは、応募から面接の日程調整、条件の交渉など企業との調整を行ってくれるほか、転職が決まった後の退職のアドバイスまでしてくれます。

アドバイス

キャリアアドバイザーはまさに転職活動のパートナー

ですので、キャリアアドバイザーには嘘はつかず、恥ずかしいことも不安なこともさらけ出してありのままで相談する様にしましょう。

相性もありますので、複数の転職エージェントのキャリアアドバイザーと面談して自分に合うキャリアアドバイザーを見つけましょう。

転職エージェントの強み・メリット

非公開求人と巡り合えること

先ほども書いたように多くのエージェントが非公開求人を持っており、キャリアアドバイザーが「この人に合う」と思った人にしか紹介していない求人に応募出来ます。

非公開求人に挑戦できる、という側面以外に、自力では見つけられないだろう、自分に合った求人を見つけてもらえるのは、意外と有難いポイントです。

キャリアアドバイザーがついてくれる

これは初めての転職の場合には特に心強いメリットだと思います。

希望する条件や転職の軸を一緒に考えるといった起点から資料の添削や面談の対策といった過程まで、客観的な目線でアドバイスをくれ、寄り添ってくれるプロが居てくれるって、転職を成功させるのにめちゃめちゃ貢献してくれると思いませんか?

また、面接の調整やスケジュール管理もしてくれるので、忙しい今の仕事を続けながらでも、転職活動がしやすくなりますね。

求人票に記載されてない情報を知れる

求めている人物像、スキル、想定年収や労働条件などは、求人票を見れば分かりますが、どんなチームでどんな雰囲気の会社なのか、なかなか求人票だけでは分からないですよね。

転職エージェントでは、キャリアアドバイザー以外にも、企業の担当者もおり、企業の情報を色々と知っています。

ですので、求人票に記載されない情報も事前に聞いたり、気になることは確認してもらって情報を得ることが出来ます。

同じ仕事内容でも、和気あいあいと仕事がしたい人と、ガンガン経験を積んでスキルアップしたい人で、そこに合う・合わない、楽しい・ストレスになる、が違いますよね。

そういった所含めて、その仕事、その会社に合いそうかも考えることが出来るのは、情報を得られるから!

まとめると、
1.非公開求人から自分に合った企業を見つけてもらえる
2.キャリアアドバイザーに調整・対策全てまとめて助けてもらえる
3.企業ごとの情報やアドバイスをもらえる

使えるサービスはしっかり活用して、自分にあう職場を見つけましょう!

転職エージェントの利用に向いている人

転職への不安やキャリアでの迷いがある人

初めての転職で、新しい職場に飛び込んで自分はやっていけるのだろうか、と不安があったり、自分のキャリアに迷っている、というのは、多くの人が感じることです。

転職エージェントを使うと、プロであるキャリアアドバイザーに相談することができます。

頭の中を整理したり、最新情報を貰うことで、モヤモヤを晴らすことができます。

相談するのは、無料ですので、一度、話を聞いてみると、視界が開けるでしょう。

転職するぞ!と心に決めている人

転職を決めて、具体的に動き出したいと思っている人は、転職エージェントの利用が向いています。

転職エージェントは、よい求人を見つけてくれたり、必要なアドバイスを適宜くれたり、と、転職活動を一緒に伴走してくれます。

ですので、自分一人で転職活動を行うより、より自分に合った企業に内定をもらえる確率が高くななります。

時間がなく、効率的に転職をしたい人

仕事が忙しい人や、家事や育児、介護などで、自由時間がほとんどない人にも、転職エージェントは向いています。

転職エージェントは、あなたの代わりに求人を探してくれたり、企業とのやりとりを行ってくれます。

選考が進んでくると、進捗をみながら内定が出るタイミングを調整してくれたりもするので、私たちは、目の前の面接に集中すれば大丈夫。

かなり省エネに転職活動を進めることが出来ます。

転職エージェントの利用に向いていない人

自分のペースで転職活動を進めたい

キャリアアドバイザーさんに色々聞かれたり、返事を返すのが億劫だという人や、自分のペースで転職活動を進めたい人は、転職エージェントはあまり向きません。

まずは転職情報サイトへの登録のみにしておきましょう。

社会人経験が少ない、または、未経験へのチャレンジ

経験がない場合、転職エージェントでは紹介してもらえる案件が少なかったり、登録を断られてしまうこともあります。

そういう人は、転職情報サイトを積極的に使いましょう。

また、転職エージェントには、社会人経験が浅い人に特化した転職エージェントもあるので、そういったエージェントを選んで、登録する様にしましょう。

転職サイト・エージェントの登録先はひとつに決めないといけないの?

転職情報サイトや転職エージェントの違いは分かったけれど、どちらか選ばないといけないの?という疑問が沸いてきた人もいるかもしれません。

答えは、転職情報サイトや転職エージェント、両方に登録しても大丈夫!です。

それぞれメリットや強みがあるわけですから「転職情報サイトだけ」「転職エージェントだけ」でなく、両方活用して転職活動を進める人が実際は多いです。

また、転職エージェントもひとつに絞る必要はありません。

それぞれの会社で強みがありますし、キャリアアドバイザーとの相性もあります。

時間的に問題なければ、複数のエージェントに登録をしてどういう人が担当になるか、どういう企業を紹介してくれるか、話を聞いた上でどこか一つに絞ってもいいです。

並行して複数エージェントを活用して、選考が進んだところ・採用が出たところで転職を決めるのももちろん問題ありません。

おすすめの転職エージェント

たくさんの転職エージェントがありますが、初めて登録するならリクルートエージェントに登録するのがよいでしょう。

というのも、リクルートエージェントは業界職種年代問わず、多くの求人を持っていることで有名です。

まずは一般的にどのような求人が出ているのか、自分の業界・業種・年代・スキルだとどういった求人がありそうなのかを確かめる為にも、たくさんの求人を抱えているリクルートエージェントはピッタリです。

また、大手エージェントで、面談や履歴書の作成サポートもしっかり対応してくれます。

ふゆみ
ふゆみ

私自身も、転職時の履歴書・職務経歴書の添削はリクルートエージェントに手厚く対応してもらいました。

学生時代から遡って話を聞き、軸が何かまで聞き出してくれたのはすごいと思いました

まとめ

いかがでしたか。転職をサポートしてくれるサービスにも、違いがあることが分かったと思います。

頭で考えても、いまいちわかりにくい所もあると思いますので、まずは一度使ってみて、どのサービスが自分に合うのか取捨選択するのが、一番失敗しにくいやり方ですよ。

「転職活動は仕事の繁忙期が落ち着いてから」「転職活動は次のボーナスをもらってから」と思っていませんか。

中途採用はいつ求人が出るか分かりません。

しかも、条件のいい求人はすぐに埋まるので速やかに応募する必要があります。

求人を見て応募を見送ることは出来ますが、逃した求人を後で取返すことはできません。

転職活動は少し先と思っても、まずはエージェントへの登録し、希望条件に合う求人が手に入る環境を作っておきましょう。

転職エージェントがたくさんあってどれに登録していいか分からないなら、まずはリクルートエージェントに登録!

リクルートエージェント RECRUIT AGENT
リクルートエージェント RECRUIT AGENT

リクルートエージェントは、業界最大級の求人を持っており、年代や地域、業界職種関係なく求人を紹介してもらうことができます。

求人の数が多いだけでなく、転職者支援実績No.1!転職活動をするなら、登録しておいて間違いがないエージェントです。

登録も利用も無料ですし、合わないと感じたり転職活動を辞めようと思ったら、すぐに退会できるので、安心して登録してくださいね。

外資系企業への転職を希望するならJACリクルートメントがおすすめ。筆者も利用しています。

  • スタートアップ~大手外資系まで求人が幅広い
  • 外資系企業やハイクラスに強い
  • 担当者の質がよい

具体的な転職の相談だけでなく「キャリア全体や転職のタイミングの相談などにも丁寧に乗ってもらえる」という口コミもあります。

面談すると、自分のスキルだとどんな求人が紹介してもらえるのか教えてもらうことができます。

すぐの転職でなくても、現状を把握する為まずは話をしてみましょう。。

この記事を書いた人
ふゆみ

中流大学卒。中小企業でキャリアスタートしたが、転職を経て、現在、大手外資系企業で勤務中。

結婚、出産、育休を経験し、子育てもしながら、フルタイム勤務で働くワーママでもある。

女性は、ライフイベントが多い上に、仕事をしていても家事育児は女性比重が重く、その上、まだまだ男性社会の中で結果が求められる。そんなハードモードの人生ではあるけれど、女性が、仕事もプライベートも、楽しく幸せに生きていく為のヒントになればと、発信をしています。

趣味は、旅行と、食べること。TOEIC875

ふゆみをフォローする
転職の基礎知識