本サイトには広告が含まれています

転職に失敗する人の致命的な7つの特徴とその回避法

転職は、新たなキャリアパスを歩み始める大きな一歩ですが、「転職で失敗したらどうしよう」と悩んで前に進めなかったり、転職で失敗してどうしていいかわからない人もいると思います。

この記事では、転職時に生じうる失敗や後悔を避け自分にとって最適な職場を見つけるために、転職で失敗する人の特徴からどうすれば転職で失敗しないかについて、自身も転職経験がありまた転職者が多い企業での就労経験がありそれらの転職者の話を聞いてきた経験を持つ筆者が解説していきます。

  1. 多くの人が転職での失敗を恐れる理由
    1. 現代における転職の現状
    2. 転職後不満がある人は100人に2.6人
  2. 転職での失敗例
    1. 転職活動中の失敗
    2. 面接での失敗
    3. 転職後の失敗
  3. 転職に失敗する人の特徴7つ
    1. 転職に失敗する人の特徴①自己分析不足で転職の希望条件やキャリア目標が不明瞭
    2. 転職に失敗する人の特徴②企業研究・業界不足で入社後ギャップが生まれる
    3. 転職に失敗する人の特徴③書類や面接の準備不足で希望の会社に入れない・妥協した会社に入ってしまう
    4. 転職に失敗する人の特徴④優先順位付け不足で選択ミスをしてしまう
    5. 転職に失敗する人の特徴⑤他責思考で自分の問題点を探さない改善しない
    6. 転職に失敗する人の特徴⑥前職の不満をきちんと分析把握できてない
    7. 転職に失敗する人の特徴⑦自分の実力を理解せず高い希望や要望ばかり
  4. 転職で失敗しないためのポイント
    1. 転職したい理由を明確にする
    2. 自己分析・企業分析・業界分析をしっかり行う
    3. 自分の市場価値を把握する
    4. 長期的なキャリアを考える
    5. 転職エージェントなどプロに客観的な意見をもらう
  5. おすすめの転職エージェント
    1. まず登録したい:リクルートエージェント
    2. ハイクラスや外資系なら:JACリクルートメント
  6. まとめ:転職成功の為に自己理解と分析を怠らない!

多くの人が転職での失敗を恐れる理由

現代における転職の現状

経済のグローバル化、技術の進化、そしてパンデミックの影響により、働き方が大きく変化しています。

これに伴い、キャリアの多様化が進み、転職も一般的な選択肢となっています。

転職後不満がある人は100人に2.6人

厚生労働省の令和2年転職者実態調査によると、転職者で不満と答えた人は2.6%でした。

また、やや不満と答えた8.8%と合わせると11.4%、つまり10人に1人強という結果になっています。

転職は必ずしもいい結果がもたらされる訳ではありませんが、不満や失敗を避ける為事前に手を打つことは出来るでしょう。

転職での失敗例

転職は多くの場合、キャリアアップやライフスタイルの変化を目指す重要なステップですが、失敗に終わるケースもあります。

転職をする際には、給与だけでなく、ワークライフバランスや職場の文化など、多面的に企業を評価することが重要です。

ここでは、多くの転職希望者が直面する失敗例を見ていきましょう。

転職活動中の失敗

  • エントリー期限の見逃し:
    期限内に応募書類を提出できず、チャンスを逃すケースがあります。
    転職市場は速いペースで動きます。求人に応募する際は、エントリー期限を厳守する必要があります。
    この失敗は、計画性のなさや情報の見落としが原因で起こります。
  • 書類選考の不通過:
    希望する企業からの書類選考を通過できないことも少なくありません。
    履歴書や職務経歴書は、転職活動において自分自身をアピールする重要なツールです。
    書類選考を通過できない主な理由は、書類がターゲット企業のニーズに合致していないか、特定のスキルや経験が十分に強調されていないことにあります。

面接での失敗

  • 言いたいことが言えなかった
    面接で自分の思いをうまく伝えられず、アピールに失敗することがあります。
  • 企業情報の収集不足
    企業についての十分なリサーチをせず、質問に答えられない場合があります。
    企業研究は転職活動における必須項目です。
    企業のビジョン、文化、製品やサービスについて十分に理解していなければ、面接での質問に対する回答が曖昧になりがちです。
  • 面接の遅刻
    面接の遅刻は、最も基本的ながらも致命的な失敗です。
    第一印象を損ね、時間管理ができない印象を与えてしまいます。

転職後の失敗

  • 給与の不満:
    ほかの条件を重視するあまり、給与が下がってもよいと考え入社したものの、それでは生活が苦しくなって後悔する人もいます。
    期待していたよりもボーナスが低かったり、給与が上がらず、不満に感じる人も。
    お金は生活が絡むことなので、入社前にしっかりと確認することが大切です。
  • 過重労働:
    給与は上がったが、それ以上の残業やストレスに体や心をやられることがあります。
    職場でのワークロードや労働条件について、事前に十分な情報を得ておくことが大切です。
    給与アップが仕事の量やストレスの増加を補って余りあるか、慎重に考える必要があります。
  • 職場環境の不一致:
    職場の雰囲気や人間関係が期待と異なり、ストレスを感じることがあります。
    企業文化やチームの雰囲気は、転職後の満足度に大きく影響します。
    面接時に企業の価値観やチームの働き方について質問することで、事前に合致するかどうかを見極めることが重要です。
  • 不適切な職種選択:
    自分に合わない職種や業界を選んでしまい、仕事に対する満足度が低下することも。
    転職はキャリアの進路を変える大きな決断です。
    自己分析をしっかりと行い、自分に本当に合った職種や業界を選ぶことが成功の鍵です。
  • 通勤のストレス:
    通勤距離が予想以上に長く、毎日のストレスとなる場合があります。
    通勤時間は日々の生活に大きな影響を与えます。
    転職先を選ぶ際には通勤ルートや時間を事前に確認し、自分のライフスタイルに合っているかを考慮することが大切です。

転職に失敗する人の特徴7つ

転職に失敗する人の特徴を理解することは、同じ過ちを避け成功に向けて適切な準備をするために非常に重要です。

以下に挙げる特徴は、失敗する転職者に共通して見られる傾向です。

転職に失敗する人の特徴①自己分析不足で転職の希望条件やキャリア目標が不明瞭

自己分析が不十分な場合、自身のキャリア目標や転職における希望条件が明確ではありません。

これは、方向性のない転職活動につながり、結果的に満足のいく転職ができない原因になります。

転職に失敗する人の特徴②企業研究・業界不足で入社後ギャップが生まれる

希望する企業や業界に関する十分なリサーチを行わないと、実際の職場環境や業務内容、企業文化との間にギャップが生まれる可能性があります。

これは、転職後の不満や再転職につながる一因となり得ます。

転職に失敗する人の特徴③書類や面接の準備不足で希望の会社に入れない・妥協した会社に入ってしまう

履歴書や職務経歴書の準備不足、面接練習の不足は、自分の能力や適性を十分にアピールできない原因となります。

これにより、希望の会社への入社機会を逃すだけでなく、妥協して本来望まない企業に入社してしまうこともあります。

転職に失敗する人の特徴④優先順位付け不足で選択ミスをしてしまう

転職活動における優先順位が明確でないと、どの企業を選ぶべきか、どのような職種を目指すべきかについて適切な判断ができません。

結果として、自身のキャリアにとって最適ではない選択をしてしまうことがあります。

転職に失敗する人の特徴⑤他責思考で自分の問題点を探さない改善しない

自己の問題点や失敗の原因を外部に求める他責思考は、成長の妨げとなります。

自身の行動や決断に対する責任を認識し、必要な改善を行うことが、成功への道を開きます。

転職に失敗する人の特徴⑥前職の不満をきちんと分析把握できてない

前職での不満点を明確に理解し、その原因を深く分析することなく転職活動を行うと、同じような不満を新しい職場でも経験する可能性が高まります。

これは、繰り返し転職を引き起こす要因となり得ます。

転職に失敗する人の特徴⑦自分の実力を理解せず高い希望や要望ばかり

自身のスキルや経験を正しく理解せずに高い条件や待遇を求めると、現実とのギャップに直面することになります。

実力以上の条件を求めると、なかなか内定がもらえず転職ができません。

また、実力を偽って上手く面接をすり抜けて内定をもらっても、転職後に実力と現実との間に大きな隔たりを感じ転職の失敗の原因ともなります。

ふゆみ
ふゆみ

転職活動において意識的にこれらの落とし穴を避けることが、転職成功への鍵となります。

自己分析の強化、企業・業界研究の徹底、準備の充実、優先順位の明確化、自己反省の促進、そしてリアリティのある目標設定を心がけることが重要です。

転職で失敗しないためのポイント

転職はキャリアの大きな転機ですが、成功へ導くには慎重な準備と戦略が必要です。

ここでは、転職で失敗しないための重要なポイントを紹介し、それらをどのように実行していくか解説します。

転職したい理由を明確にする

転職を考える際最初にすべきことは、自分がなぜ転職を望んでいるのか、その理由を明確にすることです。

不満足な条件、キャリアアップの欲求、仕事内容、ライフスタイルの改善など、具体的な転職の動機を理解することが、目標達成の基盤となります。

出来るだけ具体的に言語化するようにしましょう。

自分だけで言語化するのが難しければ、転職エージェントを活用しましょう。

初回面談でコンサルタントと会話をする中で、自分の奥底にあるものを引っ張り出してもらったり、言語化するお手伝いをしてもらいましょう。

自己分析・企業分析・業界分析をしっかり行う

自分の強み、弱み、価値観、キャリアの目標を理解することが重要です。

これにより、どのような職種や企業が自分に合っているかが明確になります。

また、希望する企業の文化、働き方、成長性を研究します。

企業のウェブサイト、ソーシャルメディア、業界レポートなどを活用しましょう。

加えて、目指す業界の現状と将来のトレンドを把握します。

業界団体の発行物や専門家の分析を参考にすると良いでしょう。

自分の市場価値を把握する

自身のスキルセットが市場でどのように評価されるかを理解し、適切な条件やポジションを目指します。

転職サイト、業界の報酬調査、ネットワーキングを通じて情報を収集しましょう。

長期的なキャリアを考える

短期的な利益よりも、長期的なキャリアの展望を重視することが大切です。

将来的にどのような専門家になりたいか、どのようなキャリアパスを歩みたいかを考え、その目標に合った転職活動を行いましょう。

転職エージェントなどプロに客観的な意見をもらう

転職エージェントやキャリアコンサルタントは、豊富な市場知識と経験を持っています。

彼らの提供する客観的な意見やアドバイスは、転職活動を有利に進めるための貴重な資源です。

転職者は無料で利用することができるので、使わない手はありません。

担当者との相性もあるので、複数のエージェントに登録し、複数のコンサルタントから自分に合う担当者を見つけ出すのがおすすめです。

おすすめの転職エージェント

まず登録したい:リクルートエージェント

まだどの転職エージェントにも相談したことがない人は、リクルートエージェントに登録しましょう。

リクルートエージェントは年代や業界に関係なく、まずは登録しておきたいエージェントです。

リクルートエージェント RECRUIT AGENT

転職支援実績No1&非公開求人数20万件以上

おすすめな理由
  1. 業界最大級の求人の多さ
    中小優良企業からグローバル企業まで
  2. 全国に拠点が16か所
    どの地域でも地域に密着してサポート
  3. 登録者限定の無料セミナー多数開催
    転職に必要な成功ノウハウが学べる

業界業種問わず登録しておきたい

ハイクラスや外資系なら:JACリクルートメント

JACリクルートメント

アジアで最大級のネットワークと知名度

おすすめな理由
  1. 外資系企業や英語を活かす求人に強い
  2. 日本人コンサルタントが丁寧にサポート
    担当者の質が全体的に高い
  3. 管理職クラス、外資系企業、海外進出
    企業などハイクラスの転職支援に強み

ハイクラス転職4年連続 No1

まとめ:転職成功の為に自己理解と分析を怠らない!

成功する転職は、自己理解と市場理解から始まります。

転職の理由を明確にし、自己分析、企業・業界分析を徹底し、自分の市場価値を正確に把握すること。

そして、長期的なキャリア計画を立て、プロの意見を取り入れることが、転職成功への鍵です。

これらのステップを踏むことで、転職はあなたのキャリアにおいて新たな可能性を開く有意義なステップとなるでしょう。

この記事を書いた人
ふゆみ

中流大学卒。中小企業でキャリアスタートしたが、転職を経て、現在、大手外資系企業で勤務中。

結婚、出産、育休を経験し、子育てもしながら、フルタイム勤務で働くワーママでもある。

女性は、ライフイベントが多い上に、仕事をしていても家事育児は女性比重が重く、その上、まだまだ男性社会の中で結果が求められる。そんなハードモードの人生ではあるけれど、女性が、仕事もプライベートも、楽しく幸せに生きていく為のヒントになればと、発信をしています。

趣味は、旅行と、食べること。TOEIC875

ふゆみをフォローする
転職の悩み
ふゆみをフォローする
キャリ索
タイトルとURLをコピーしました