本サイトには広告が含まれています

広報職の転職は難しい?未経験では?転職前に押さえておくべきポイントを解説

転職の基礎知識
広告職の転職は難しい?未経験は?押さえておくべきポイント

広報職への転職は難易度が高いと感じるかもしれませんが、決して不可能なことではありません。

この記事では、転職経験のある筆者が、広報職への転職を成功させるためのポイントを詳しく解説します。

書いた人:キャリ索ふゆみ
転職活動はいつ始めるべき?

新卒採用と違い、中途採用(転職)はポストが空いたり増員のタイミングにしか募集しません。

しかも企業によっては、特定のエージェントにしか情報を出さない企業もあります。

理想的な求人に出会う確率を上げるには、複数の転職エージェントに登録するのが鉄則です。

ふゆみ
ふゆみ

今すぐ転職活動しないつもりでも、理想的な求人が出てくるかもしれません!

こればかりはタイミングなので、まずは情報を貰える状況を作っておくことが重要!

転職するかの判断は理想的な求人に出会ってから考えるでも遅くありません。

希望に合う好条件求人が出たらすぐに紹介してもらえるよう、今のうちにエージェントに登録を済ませ希望を伝えておきましょう。

▶︎転職エージェントは併用しないともったいない!まずは登録しておきたいサービスはこちら

複数エージェントに登録することで、求人や担当者を比較することが出来、自分に合う求人を持つ会社・腕のいい担当者を見つけられます。

また特定のエージェントにしか求人を出さない会社もあります。

それを逃さない為にも、無料のサービスなのですから気になるエージェントは全て登録しておきましょう。

転職サービス特徴公式サイト
JACリクルートメント
JACリクルートメント
ハイクラスや外資系に強い
担当の質が全体的に高く
キャリアアップを目指すなら
求人を見る
ビズリーチ

ビズリーチ
登録するだけで
スカウトが届く

市場価値を知るのに最適
求人を見る
リクルートエージェント

リクルートエージェント
業種職種年代問わず
登録しておきたい

圧倒的な求人数で
情報収集にも◎
求人を見る
ふゆみ
ふゆみ

大きな買い物をする時は相見積もりを取って比較をしますよね。

1日の大半を過ごす仕事なのですから、しっかり比較検討して妥協なくベストな求人を見つけ出しましょう。

  1. 広報職の仕事内容
    1. 社外広報
    2. 社内広報
  2. 広報職に求められるスキルや特性
    1. コミュニケーション能力
    2. 会社のビジョンの理解と戦略的思考
    3. 柔軟性と適応力
  3. 広報職の転職が難しい理由
    1. 広報職の転職が難しい理由①競争率の高さ
    2. 広報職の転職が難しい理由②求人数の少なさ
    3. 広報職の転職が難しい理由③広報の役割の多様性
  4. 未経験から広報職への転職を成功させるためのポイント
    1. 未経験から広報職への転職成功ポイント①企業規模をチェックする
    2. 未経験から広報職への転職成功ポイント②経験のある業界の求人を探す
    3. 未経験から広報職への転職成功ポイント③転職エージェントに相談する
    4. 未経験から広報職への転職成功ポイント④現職との兼務から始めてみる
  5. 広報職から広報職への転職を成功させるためのポイント
    1. 広報職経験者の転職成功ポイント①ネットワークを活用する
    2. 広報職経験者の転職成功ポイント②経歴や実績を整理する
    3. 広報職経験者の転職成功ポイント③転職エージェントだけでなくダイレクトリクルーティングも活用する
  6. 広報職の面接でアピールすべきポイント
    1. 広報職の面接でアピールするポイント①ベースとなるスキルを伝える
    2. 広報職の面接でアピールするポイント②コミュニケーション力をアピールする
    3. 広報職の面接でアピールするポイント③誠実さと熱意をアピールする
  7. 利用すべき転職サービス
    1. 誰もが登録しておきたい:リクルートエージェント
    2. 若手でハイクラスを目指すなら:アサイン
    3. 外資系や中堅でハイクラスを目指すなら:JACリクルートメント
  8. まとめ:広報職への転職は簡単ではないがチャンスはある

広報職の仕事内容

広報職は、企業や組織の認知度を高めるために情報発信を行う重要な役割を果たします。

広報職の仕事は多岐にわたりますが、主な仕事について紹介します。

広報の仕事内容は会社によっても異なるので、ミスマッチや後悔を避けるためにも、具体的な仕事については各企業に確認を取るようにしましょう。

社外広報

社外広報は、外部の人々、例えば顧客、投資家、メディア、一般市民などに向けて情報を発信する役割を担います。

具体的にはこういったものがあります。

  • プレスリリースの作成・配信:新製品の発表や重要なイベントなどの情報をメディアに伝えるためのプレスリリースを作成し、配信します。
  • メディアリレーションの構築:メディア関係者との良好な関係を築り、取材依頼や記事掲載を促進します。
  • ブランディングの促進:企業のブランドイメージを向上させるために、広報活動を通じて情報を発信します。

社内広報

社内広報は、組織内の人々に向けて情報を発信し、社内コミュニケーションを活性化させる役割を果たします。

具体的にはこういったものがあります。

  • 社内報の作成:企業理念やビジョン、組織の取り組みなどを社内に浸透させ、意思統一を図ります。
  • 社内メールや会議での情報共有:社内広報は、社内で共有すべき情報を収集し、社員に伝えます。

広報職に求められるスキルや特性

広報職に求められるスキルや特性は多岐にわたりますが、以下に5つの重要な要素を説明します。

コミュニケーション能力

広報職は、外部と内部の両方のステークホルダーと効果的にコミュニケーションを取る必要があります。

メディア、顧客、社内の同僚との円滑な対話が求められます。

ですので、口頭および書面のコミュニケーションスキルを持ち、メッセージを適切に伝える能力が求められます。

会社のビジョンの理解と戦略的思考

広報職において、会社のビジョンや方向性を正しく理解するスキルは非常に重要です。

会社のビジョンや方向性を正確に理解することで、社内外に一貫したメッセージを伝えることができます。

また、広報活動は戦略的に実行されるべきです。

目標を設定し、ターゲットオーディエンスを理解し、適切なメッセージを伝える戦略を立てる能力が求められます。

会社のビジョンや方向性を理解し戦略的に思考することで、適切なタイミングで適切なメッセージを発信できます。

例えば、新製品の発売や組織改革のアナウンスなど、戦略的なコミュニケーションを行う際には、ビジョンに基づいたメッセージが求められます。

状況に応じて適切なアプローチを選択することで、組織のビジョンとブランドイメージを強化します。

柔軟性と適応力

広報職は、環境が変化することが多い職種です。新しい情報や緊急の状況に対応できる柔軟性が求められます。

クリエイティブな問題解決能力を持ち、変化に適応できることが重要です。

また、メディアの動向を把握し、適切なタイミングで情報を提供できるスキルなども求められます。

これらのスキルと特性を磨きながら、広報職で成功するために努力していきましょう。

広報職の転職が難しい理由

広報職の転職が難しい理由①競争率の高さ

広報職は魅力的な職種であり、多くの人が志望しています。そのため、求人に対する応募者数が多く、競争率が高いです。

経験者でも、適切なスキルを持つ人材が求められ、競争が激化しています。

広報職の転職が難しい理由②求人数の少なさ

広報職の求人数は他の職種に比べて限られています。

特に大企業や有名企業の広報職は非常に限られており、求人が少ない傾向があります。

転職を考える際には、幅広い求人情報を探し、選択肢を広げることが重要です。

未経験からの転職は経験者に比べてさらにハードルが高くなります。

広報職の転職が難しい理由③広報の役割の多様性

広報の役割は広く、求められるものも多くなります。

広報の仕事は企業の顔として、適切なコミュニケーションを図り、認知度やブランド価値を高めるために幅広いスキルが求められます。

企業の評判や信頼性に直接影響を与えるため、高いスキルが求められるのです。

そのため、広報の採用では特に適性や会社のビジョンへの理解などを慎重に吟味され、本当にその役割を果たせる人材か選定をされます。

未経験から広報職への転職を成功させるためのポイント

未経験から広報職への転職成功ポイント①企業規模をチェックする

広報職の求人を詳しく調査し、自分のスキルや興味に合ったポジションを探しましょう。

企業規模や業界によって求人内容が異なるため、選択肢を広げて検討しましょう。

企業規模が小さい会社では一人で広報職をカバーしていることもあり、即戦力が求められるので、未経験にあハードルが高いです。

企業規模が大きかったり、小さくても急成長してフェーズで広報拡販に力を入れている企業を探しましょう。

未経験でも採用される求人に積極的に応募しましょう。

未経験から広報職への転職成功ポイント②経験のある業界の求人を探す

経験のある業界では、その業界の特性やトレンドに精通しています。

広報職では、企業のメッセージを適切に伝えるために業界知識が重要です。

経験のある業界であれば、メディア対応やプレスリリースの作成などで役立ちます。

企業やメディアも、業界に詳しい広報担当者を好む傾向があります。

経験を持っていることで、信頼されやすくなります。

経験のある業界では、業界用語やビジネスの流れに慣れているので自分自身にとっても入っていきやすいです。

業務が新しくても業界が分かっていることで、新しい職場での適応がスムーズに行えるため、効率的に業務に取り組むことができます。

また、経験のある業界では、既存のネットワークを活用できます。同業者やメディア関係者とのつながりを持っていることは、広報活動において有利でしょう。

未経験から広報職への転職成功ポイント③転職エージェントに相談する

未経験者の場合、転職エージェントを利用するのも一つの方法です。

転職エージェントに登録すると、キャリアアドバイザーがつきます。

彼らは転職活動の相談相手として、不安や疑問にアドバイスをしてくれます。

専門の担当者がサポートしてくれるので、安心して転職活動を進められますし、非公開求人を含め、適切な求人情報を受け取れます。

これまでの経験をどのように広報職への転職に活かせるか、どうアピールすべきかなど、プロの目線からアドバイスをもらえるので使わない手はありません。

未経験から広報職への転職成功ポイント④現職との兼務から始めてみる

現職と広報業務を兼務しながらスタートすることで、経験を積みながら広報職にチャレンジできます。

例えば、人事や営業、企画の仕事をしながら、社内の広報活動を担当することで、広報の業務に慣れていくことができます。

小さくとも実経験があることで、未経験の中では抜きんでることができますし、現職と広報業務を両立させていることも転職でのアピールポイントになります。

現職と広報業務を両立させる際、転職のアピールで使うことも考えて、成果を可視化することを意識しましょう。

例えば、社内報やSNSで広報活動の成果を共有し、評価される機会を作りましょう。

広報職から広報職への転職を成功させるためのポイント

広報職経験者の転職成功ポイント①ネットワークを活用する

広報経験者は他の広報担当者やコミュニティから情報を収集しましょう。

広報仲間やコミュニティは、業界の最新情報やトレンドを知るにはとっておきの場所と言えます。

他の広報担当者との交流を通じて、新しい知識やトレンドを学ぶことで、自社以外にもアンテナをたてることができ、転職先で求められるスキルを磨くことができます。

また同じ業界や職種の知人が、求人情報を知っていることも多いです。彼らから直接情報を収集することで、自分に適した転職先を見つけるチャンスが増えます。

また働く人のリアルな声をきくことで、企業の文化を知ることができます。これは、転職先を選ぶ際に重要な要素です。

自分に合った環境で働けるかどうかを判断する材料になるでしょう。

広報職経験者の転職成功ポイント②経歴や実績を整理する

これまでに広報職の経歴があるのであれば、経歴や実績を整理しましょう。

経歴や実績を整理することで、自分の強みやスキルを客観的に把握できます。

これは自己分析の第一歩です。

自分がどのような価値を持っているのかを明確にし、それをアピールするための自己ブランディングに活かすことができます。

また、転職先は、あなたの経歴や実績を通じてあなたを評価します。

整理された履歴書やポートフォリオは、転職先に対してアピールする材料となります。

具体的な成果やプロジェクトの実績を示すことで、採用担当者に印象を与えましょう。

広報職経験者の転職成功ポイント③転職エージェントだけでなくダイレクトリクルーティングも活用する

ダイレクトリクルーティングでは、企業から直接アプローチされるため、自分のスキルや経験に合った求人情報を受け取ることができます。

これにより、自分に適した職場を見つけやすくなります。

また、企業はあなたの経歴や実績を見てアプローチしてきますので、企業の熱意を直で受け取りやすく、また直接スキルや経験をアピールできる機会が増えます。

ダイレクトリクルーティングでは、企業から注目を得るためにも、経歴や実績をわかりやすくまとめ、アピールすることが大切ですよ。

広報職の面接でアピールすべきポイント

広報職の面接でアピールするポイント①ベースとなるスキルを伝える

広報職に適性があることを示しましょう。自分のスキルや経験を具体的に挙げて、広報業務にどのように貢献できるかをアピールします。

広報職の経験があれば、過去の広報活動やプロジェクトでの実績を強調しましょう。

例えば、メディア露出の成功例や効果的なプレスリリースの作成経験などを具体的に挙げてください。

広報職の経験がない場合も、これまで経験した職種の中で、広報職に活かせるスキルや経験を整理して伝えましょう。

広報職の面接でアピールするポイント②コミュニケーション力をアピールする

広報職はコミュニケーションが重要です。

自分がどのように他部署やメディアと連携し、情報を伝える能力を持っているかをアピールしましょう。

また、柔軟性や適応力も重視されます。

広報職の面接でアピールするポイント③誠実さと熱意をアピールする

広報職は信頼性が求められる仕事です。

誠実さやプロフェッショナリズムをアピールし、企業の信頼を築ける人材であることを示しましょう。

またその会社のビジョンや文化に共感していることや熱意を示しましょう。

企業の商品やサービスについて調査し、なぜその企業で広報職を目指したいのかを具体的に述べることが大切です。

利用すべき転職サービス

誰もが登録しておきたい:リクルートエージェント

リクルートエージェント RECRUIT AGENT

転職支援実績No1&非公開求人数20万件以上

おすすめな理由
  1. 業界最大級の求人の多さ
    中小優良企業からグローバル企業まで
  2. 全国に拠点が16か所
    どの地域でも地域に密着してサポート
  3. 登録者限定の無料セミナー多数開催
    転職に必要な成功ノウハウが学べる

業界業種問わず登録しておきたい

若手でハイクラスを目指すなら:アサイン

アサイン

若手ハイクラスに特化した支援品質

おすすめな理由
  1. 長期的なキャリア形成を重視した
    キャリアプランを描いてくれる
  2. あなただけの選考対策資料を作成!
    行動特性から分析した強みがわかる
  3. コンサルやハイクラスの転職に強い

若手ハイクラスなら

外資系や中堅でハイクラスを目指すなら:JACリクルートメント

JACリクルートメント

アジアで最大級のネットワークと知名度

おすすめな理由
  1. 外資系企業や英語を活かす求人に強い
  2. 日本人コンサルタントが丁寧にサポート
    担当者の質が全体的に高い
  3. 長く付き合えるキャリアのパートナー
    転職サイクルの短い外資系の人には◎

外資系企業を狙うなら外せない

まとめ:広報職への転職は簡単ではないがチャンスはある

広報職への転職は素晴らしい選択です!企業と社会との橋渡しをする重要な役割を果たすことができます。

広報職は求人数が多くないため転職するのは簡単ではありませんが、やりがいのある仕事ですので挑戦する価値はあるでしょう。

自分のスキルや経験を活かして、新しい舞台で輝いてください。

この記事を書いた人
ふゆみ

中流大学卒。中小企業でキャリアスタートしたが、転職を経て、現在、大手外資系企業で勤務中。

結婚、出産、育休を経験し、子育てもしながら、フルタイム勤務で働くワーママでもある。

女性は、ライフイベントが多い上に、仕事をしていても家事育児は女性比重が重く、その上、まだまだ男性社会の中で結果が求められる。そんなハードモードの人生ではあるけれど、女性が、仕事もプライベートも、楽しく幸せに生きていく為のヒントになればと、発信をしています。

趣味は、旅行と、食べること。TOEIC875

ふゆみをフォローする
転職の基礎知識