本サイトには広告が含まれています

マイケルペイジは最悪?評判口コミや強み弱みを解説

外資系企業に強い

転職エージェントに登録したいけどマイケルペイジはどうなの?最悪だったりしない?と不安な人は多いと思います。

この記事では、転職エージェント『マイケル・ペイジ』の特徴や評判について、中小企業から大手外資系企業へステップアップ転職した筆者が解説していきます。

この記事でわかること

✔︎ マイケル・ペイジの評判口コミはいい?
✔︎ マイケル・ペイジの強みや弱みは何?
✔︎ マイケル・ペイジ、最悪じゃない?

書いた人:キャリ索ふゆみ
いい求人に出会うには?

新卒採用と違い、中途採用はポストが空いたり増員のタイミングにしか募集しません。

しかも好条件の求人はすぐ埋まるので、求人が出たら速やかに応募する必要があります。

希望に合う好条件求人が出たらすぐに紹介してもらえるよう、今のうちにエージェントに登録を済ませ希望を伝えておきましょう。

ふゆみ
ふゆみ

今すぐ転職活動しない人も数を見る事で目が養われ、良い求人を逃しにくくなります!

外資系企業への転職なら、JACリクルートメントがおすすめ。筆者も利用しています。

  • スタートアップ~大手外資系まで求人が幅広い
  • 外資・グローバル企業・ハイクラスに強い
  • コンサルタントの対応が丁寧

具体的な転職相談はもちろん「転職タイミング含めた長期的なキャリア相談も丁寧に乗ってもらえる」という口コミもありますので、転職活動をするかどうかも含めて気軽に相談してみましょう。

外資系に強く担当者の質がいい

結論:マイケル・ペイジの転職エージェントを利用すべき人の特徴

マイケル・ペイジを使って転職活動をするのをおすすめする条件はこちら。

  1. 英語に問題がなく外資系企業に転職したい
  2. 2回目以上の転職でハイキャリアやステップアップ転職をしたい
  3. IT、経理・財務だと尚良し!(※対応は全業種しています)

その理由については、これから解説していきます。

マイケル・ペイジの概要

会社概要(マイケル・ペイジ・インターナショナル・ジャパン株式会社)

マイケル・ペイジは、ハイキャリア向けの人材紹介や人材派遣を行う会社です。

1976年に英国ロンドンで創業し、現在は世界36カ国に141支店あるグローバルカンパニーです。

東京オフィスは、2001年に設立。場所は東京の神保町にあります。

日本法人だけでも170名の社員が働いており、日本で20年以上の実績があります。

グループ全体としては大きく3つのブランドがあります。

  • ペイジ・エグゼクティブ
  • マイケル・ペイジ
  • ペイジ・パーソネル

今回取り上げるのは、この2つ目のマイケル・ペイジです。

サービス概要(マイケル・ペイジ)

マイケル・ペイジは、主として、2回目・3回目以上の転職としての派遣社員、契約社員、正社員の人材紹介を専門としています。

ふゆみ
ふゆみ

この記事では転職エージェントに絞って紹介します。

マイケル・ペイジは自身が外資系企業ということもあり、外資系企業への転職に強い転職エージェントです。

とはいえ、日本でも20年以上活動しており、日本企業やベンチャー企業の求人も多く保有しいます。

外資系企業に限らずハイキャリア転職に欠かせない転職エージェントといっても良いでしょう。

手がける職種・業種は幅広くどの領域でもカバーしてると言えますが、特に得意な領域はITと経理・財務です。

ITと経理・財務分野では、Recruitment International社主催「リクルートメント・インターナショナル・アワード」で最優秀賞を受賞したこともあります。

参考:公式サイト

外資系企業のカバー領域:
経理・財務、金融、カスタマーサービス、デジタル、エンジニア、エグゼクティブサーチ、医療・ヘルスケア
人事、IT、法務、ライフサイエンス、マーケティング、オフィスサポート、購買・サプライチェーン、不動産、小売、営業
日系企業のカバー領域:
IT、エンジニア、マーケティング、人事、営業、経理・財務、法務、
医療・ヘルスケア、ライフサイエンス

ちなみに、マイケル・ペイジの東京オフィスは、日本人だけでなく外国籍のスタッフもたくさん働いています。

コンサルタントも外国人でやりとりは英語で対応となることが基本です。

マイケル・ペイジの基本情報

運営会社マイケル・ペイジ・インターナショナル・ジャパン株式会社
所在地東京都港区虎ノ門4-3-13ヒューリック神谷町ビル6F
設立2021年
公開求人数4,8841件(2024/5/27時点)
非公開求人非公開
対応地域主に東京
拠点東京
おすすめ年代確認中
業種・職種経理・財務・金融・エンジニア・ヘルスケア・人事・法務・
ライフサイエンス・マーケティング・オフィスサポート・
購買&サプライチェーン・小売・営業・IT
利用料金無料
おすすめ外資系
公式サイトhttps://www.michaelpage.co.jp/

マイケル・ペイジのいい口コミ

マイケル・ペイジの評判や口コミはどうなのでしょうか。まずは、いい口コミから見てみましょう。

提案力が群を抜いて高いと感じた

私は同社含め5社エージェントを利用しましたが、応答の速さ、提案の質の高さは断トツで一番でした。

応答時間については、一日以上待たされたことはなく概ね数時間以内にはご返信を頂きましたし、ご提案頂く企業様もほぼ希望通りでヒアリング力、提案力は群を抜いて高いと感じました。

また、専門特化型のエージェント様である故か、他エージェント様経由の案件では書類選考でかなり落とされましたが、同社で受けた企業様は書類選考で落ちることはありませんでした

他にも面接指導においては面接官の特徴を踏まえた具体的な指導や、選考方法が通常よりも簡略して頂いたりと柔軟な対応をして頂き、スムーズな転職活動を行うことができました。

エンミドルの転職より

英語面接の練習をしてもらえた

英語面接の練習もしていただき大変たすかりました。

エンミドルの転職より

スピーディで対応が良かった

面談時に交代で3名のコンサルタントと会いました。それぞれ担当する領域と会社があるようで、その場で会社を紹介してもらえました。

外資系のエージェントなので、外国出身の方も多く、担当頂いたコンサルタントの方とも全て英語でのやり取りでした。

とてもスピード感があり、相手の会社から有益な情報を取ってきてくれたため、大変有利に面接を進めることができました。

サポート体制も申し分なく、メールや電話、スカイプなどを使い分けて連絡を取り合いました。

私の場合、条件が合ったのかもしれませんが、スキルと応募先が一致すれば、最高のサポートをしてくれると感じました。

エンミドルの転職より

役員など決裁者とダイレクトの繋がりがある

外人転職エージェントのコネクションを新規開拓したけど、結局マイケルペイジとロバートウォルターズでいいやんってなった…

求人の質もそうだけど、役員とか採用担当者とダイレクトの繋がりあったりするから、フィードバックまでのスピードが全然違うみたい。

いい会社だとスピード大事だもんなぁ…

X(旧Twitter)より

英語のみのポジションも紹介してもらえる

外資系の転職エージェント数社に登録されれば、たくさん英語のみのポジションを紹介してもらえると思いますよ!

ロバートウォルターズとかマイケルペイジとか。後はやはりLinkedinにレジュメを載せて活用した方が良いですよ!

X(旧Twitter)より

ねじ込み力があると感じた

n=1(私)ですが、書類通過7/10件だったのはMichael Pageです。

エージェントはピンキリですが、概ねねじ込み力は彼らはあると思いました。

X(Twitter)より

外資B2Bマーケで見ていて損はないエージェント

誰の役に立つのか、不明だけど、外資B2Bマーケで転職する場合に見ておいて損はないエージェント一覧。

但し、それぞれでジョブレベル、外資分野、件数に癖はあるので、全部登録したり、各エージェントの求人リストを定期で見るのも良し

JAC
Randstad
Michale Page
Robert Walter
Rebert Half

Twitterより

外資系に強い
<br>

大手だとリクルート、dudaでしょうか。私は管理職系としてJACリクルートメント、外資系としてマイケル・ペイジ、エンワールド、管理部門系としてMSジャパンと、使い分けていました。狙っている職種や役職に合わせて、そこに強いエージェントを選ぶのが良いと思います!

X(旧Twitter)より

マイケル・ペイジは最悪?悪い口コミ

マイケル・ペイジの口コミには、よくない口コミもありましたが、最悪と言うほどの口コミは見られませんでした。

ハイクラスなので登録を断られることもある

JACやロバート・ウォルターズ、マイケル・ペイジなどに登録できたらかなりいい求人があるが、ハイクラスなのでそもそも登録を断れることがある(後略)

X(旧Twitter)より

担当者が数ヶ月単位で変わるイメージ

マイケル・ペイジの強み・良さ

マイケル・ペイジは外資系企業に強い

マイケル・ペイジの特徴は、なんといっても外資系に強い転職エージェントという所です。

業界トップクラスの実績とノウハウ、そして、様々な会社とのネットワークがあります。

外資系企業では、1400社以上の採用実績があり、マイケル・ペイジしか取り扱っていない企業の求人もあります。

「本国でマイケル・ペイジを使っているので日本支社でもマイケル・ペイジを利用する」という具合に、本国含めた企業との強い結びつきから、独自の求人が出てくるのもうなづけます。

加えて、バイリンガル人材の登録が多いので、外資系企業から魅力のある転職エージェントと認識され、より求人が集まりやすいサイクルになっているとも言えます。

英語に自信があって、ザ外資系企業を強く希望するなら、登録しておきましょう!

コンサルタントから生の声が聞ける

コンサルタントの担当分担が求職者担当と企業担当に分かれる会社と、1人のコンサルタントが求職者・企業の両方を担当する会社があります。

マイケル・ペイジでは、後者の、1人のコンサルタントが、求職者と企業の両方を担当する方式を取っています。

このメリットは、コンサルタントが企業と直接やりとりをしているので、企業に詳しいことです。

社風やチームの雰囲気など文章にできない肌感の部分も含めて理解している担当者があなたと直接会話することで、ノンバーバルな情報含めた提案でミスマッチが起きにくいです。

ふゆみ
ふゆみ

生の情報をたくさん持っているので、内定に近づくアドバイスをもらうことも期待できます。

英語レジュメの添削や面接対策も

マイケル・ペイジは、英語レジュメの添削や英語面接の対策もしてもらうことが出来ます。

英語レジュメや英語面接の対策は、ただ英語力があれば良いだけでなく、外国人面接官に魅力的だと思ってもらう工夫が必要です。

外国人に好印象を与えるアピールの仕方や日本人がやりがちな失敗をアドバイスしてもらうだけで、合格率はアップします。

あなたの担当コンサルタントが日本人だったとしても、グローバルな環境で働いていますので、英語力や外国人受けするアピールの仕方については詳しいです。

また、東京オフィスにもたくさんの外国籍のスタッフがいるので、英語ネイティブやその国に詳しいスタッフに意見をもらうことも出来るでしょう。

コンサルタントの質とレスポンスの速さが◎

マイケル・ペイジはコンサルタントの質がよく、レスポンスも高い傾向にあります。

仕事を続けながら転職活動をすると思うように時間が取れずに苦労する人も多いです。

やっと時間が取れても、わからないくてつまづいたり不安なこともたくさん出てきます。

その点、マイケル・ペイジのコンサルタントはレスポンスが早く、あなたの疑問や不安に素早く返してもらえるので、気持ちよく転職活動を進めることが出来ます。

また、ヒアリング能力が高い人が多く、自分に合う求人や自分では思いつかなかった切り口での提案をしてくれるなど、満足度が高い傾向です。

ただし、レスポンスの速さや提案力の高さ、対応の良さはコンサルタントにもよりますし、あなたとの相性もあります。

人によっては全然ダメだったという声もあります。

こればっかりは、まずは登録をしてみて担当者と会話をしてみて判断するしかありません。

ふゆみ
ふゆみ

相性が良くない時は担当者の変更を申し出るか別のエージェントに登録しましょう。無理する必要はありません。

外資系企業への転職を考えているのであれば、JACリクルートメントもオススメ。

外資系企業に強いエージェントですが、求人数が多く、日本人コンサルタントがしっかり対応してくれます。

複数利用するのであれば、少しタイプの違うエージェントを選ぶほうが、得られる情報の幅が広がりGood!

マイケル・ペイジとJACリクルートメントの併用は、よい組み合わせでしょう。

本気の人もそのうちと思ってる人もまずは無料相談

マイケル・ペイジの弱点・よくないところ

求人のほとんどが東京

マイケル・ペイジの求人のほとんどは東京の求人となっています。

実際に、2024/05/27時点での求人で地域ごとに検索してみると

 ・東京都 :4,158件
 ・神奈川県:89件
 ・大阪府 :72件

という結果でした。(これ以外の都道府県は、2桁〜100件前後という結果になっています)

メインは東京の案件の為、東京以外で転職を考えている人には、求人がかなり限られます。

最近はリモート可の求人も多いので地方から応募できる求人もありますので、地方の人でも利用価値はありますが、自分の地域の求人もしっかり持っている転職エージェントを利用・併用する方が良さそうです。

全国に支店があり地方にも強い

登録を断られる事もある

マイケル・ペイジは、ハイキャリア向けのサービスということもあり、職歴があまりない場合は登録を断れることがあります。

というのも、職歴があまりなかったりスキルがない場合、紹介できる求人がないからです。

お断りをされた場合は、割り切って、自分に合う転職エージェントやサービスを見つけて登録をしてみてください。

例えば、リクルートエージェントは幅広い業界業種年齢に強いので、誰でもまずは登録しておきたいエージェントです。

広く求人を持っているので、マイケル・ペイジよりは断られる可能性が低いでしょう。

求人ごとに担当者が変わる

マイケル・ペイジは、ひとりのコンサルタントが、企業も求職者も担当する方式を取っていると説明しました。

この方式の面倒な部分として、求人によってあなたが会話するコンサルタントが変わることになります。

コンサルタントが企業について詳しく情報量が多い反面、求人ごとにコンサルタントが変わることになり、それをデメリットと感じる人がいます。

・複数応募してたら、誰が担当者が紛らわしい
・複数の担当者と関係を築くのに大変さを感じた
・自分から積極的に働きかけないと、サポートが薄くなる担当者もいる

ということが挙げられます。

ふゆみ
ふゆみ

とはいえ、多くの場合メインのコンサルタント1~2人とやりとりになるパターンがほとんど。あまり心配する必要はありません。

マイケル・ペイジに関するQ&A

マイケル・ペイジの利用にお金はかかる?(費用)

マイケル・ペイジは、カウンセリングから入社後サポートまで手厚くサポートをしてくれますが、求職者は無料で利用することが出来ます。

ふゆみ
ふゆみ

つまり、登録から内定・入社まで費用は全くかかりません。

無料というと不安になる人がいますが、転職エージェントのビジネスモデルなので安心してください。

お金は、企業側から貰っているので、求職者のあなたからは一円も貰わなくても問題ないのです。

マイケル・ペイジは20代でも利用できる?

20代でも利用できますが、アピールできる強みが無いと厳しいでしょう。

マイケルペイジは、中間管理職や専門職に強みを持った転職エージェントであるため、一般的には30代から40代のキャリアを積んだ経験豊富なプロフェッショナルが多く登録していると言われています。

20代後半で実力がある人やアピールポイントがあればステップアップ転職が出来る可能性はありますが、そうで無い場合、他の転職エージェントの方が強みを発揮できるでしょう。

20代で求人をたくさん見たいなら

マイケル・ペイジ利用の流れ(転職エージェントサービス登録〜転職)

1.My Pageに登録

まずは、ウェブから、マイページに登録をします。

LinkedInのアカウントを利用して、登録することも出来ます。

マイページに登録することで、マイケル・ペイジのサービスを利用することが出来ます。

マイページでは、
 ・ワンクリック応募
 ・履歴書を3つまで保存
 ・求人検索条件や求人を保存
といったことも出来ます。

また、マイケル・ペイジは、専用のスマホアプリがあり、AndroidもiPhoneも対応しています。

パスワードの入力が面倒だと感じている人や、お知らせを見逃したくない人などには、アプリをダウンロードしておきましょう。

2.初回面談

初回面談はキャリアアドバイザーとマンツーマンで行います。オンラインでのカウンセリングも可能です。

基本はマンツーマンですが、専門領域によってはその場でその領域のプロフェッショナルな他の担当者を呼んで、複数の担当者と話したという声もよく聞きます。

これまでの経歴や、なぜ転職を考えているか、転職で得たいものなど、ざっくばらんにお話したり、相談しましょう。

上部だけの話や建前でなく、ぶっちゃけの部分を曝け出す方が、よりあなたに寄り添ったアドバイスをもらうことができますよ。

すぐに転職はしないけれど、まずは相談だけ!というのも大丈夫です。

オフィスへのアクセス

住所:〒105-0001
東京都港区虎ノ門 4-3-13 ヒューリック神谷町ビル6F

最寄り:
・日比谷線 神保町 徒歩2分
・日比谷線 虎ノ門ヒルズ駅 徒歩7分
・南北線 六本木1丁目駅 徒歩9分

3.求人紹介

カウンセリングを元に、あなたに合う求人を紹介してくれます。ネット上には乗っていない、非公開求人を紹介してもらうことが出来ます。

また、担当者は各企業と密にやりとりをしているので、会社の雰囲気や内情など求人票に載っていない情報まで教えて貰えるのがいいですね。

4.気になる求人へ応募・選考

気になる求人があれば、応募へ進みます。

転職はまだ始めないと決めたり、気になる求人がない場合は、無理に選考に進むことはありません。

選考に進む場合は、履歴書の添削や面接の対策も手厚く行なってくれますので、安心です。

外資系企業やグローバル企業に応募する場合は、英語レジュメの添削や英語面接の対策も行ってもらえます。これはかなり心強いですよね。

5.内定・入社

内定が出ると、条件交渉まで行なってくれます。せっかくなので、より高い年収やいい条件を獲得できる方が嬉しいですよね。

また、必要に応じて、円満退職のアドバイスや入社に向けたサポートも行ってくれます。

まとめ:マイケル・ペイジは外資系に強い転職エージェント

いかがでしたか。マイケル・ペイジは外資系企業に強く、レスポンスも良いので、スピーディに転職活動ができるでしょう。

何度目かの転職で、キャリアアップや年収アップを目指すには、おすすめの転職エージェントです。

今の年収や仕事内容、キャリアに満足をしていない人は、是非一度、無料相談をしてみてください。

「転職活動は仕事の繁忙期が落ち着いてから」「転職活動は次のボーナスをもらってから」と思っていませんか。

中途採用はいつ求人が出るか分かりません。

しかも、条件のいい求人はすぐに埋まるので速やかに応募する必要があります。

求人を見て応募を見送ることは出来ますが、逃した求人を後で取返すことはできません。

転職活動は少し先と思っても、まずはエージェントへの登録し、希望条件に合う求人が手に入る環境を作っておきましょう。

外資系企業への転職を希望するならJACリクルートメントがおすすめ。筆者も利用しています。

  • スタートアップ~大手外資系まで求人が幅広い
  • 外資系企業やハイクラスに強い
  • 担当者の質がよい

具体的な転職の相談だけでなく「キャリア全体や転職のタイミングの相談などにも丁寧に乗ってもらえる」という口コミもあります。

面談すると、自分のスキルだとどんな求人が紹介してもらえるのか教えてもらうことができます。

すぐの転職でなくても、現状を把握する為まずは話をしてみましょう。。

この記事を書いた人
ふゆみ

中流大学卒。中小企業でキャリアスタートしたが、転職を経て、現在、大手外資系企業で勤務中。

結婚、出産、育休を経験し、子育てもしながら、フルタイム勤務で働くワーママでもある。

女性は、ライフイベントが多い上に、仕事をしていても家事育児は女性比重が重く、その上、まだまだ男性社会の中で結果が求められる。そんなハードモードの人生ではあるけれど、女性が、仕事もプライベートも、楽しく幸せに生きていく為のヒントになればと、発信をしています。

趣味は、旅行と、食べること。TOEIC875

ふゆみをフォローする
外資系企業に強い