本サイトには広告が含まれています

女性でディーラーの営業が大変で辞めたい!やるべきこととおすすめの転職先を解説

転職の悩み
女性でディーラー営業辞めたい!

女性でディーラーの営業をしているけど辞めたい!と考えている人に向けて、同じく女性営業で転職経験のある筆者が、やるべきこととおすすめの転職先を解説していきます。

書いた人:キャリ索ふゆみ
転職活動を始めるタイミングは?

新卒採用と違い、中途採用はポストが空いたり増員のタイミングにしか募集しません。

しかも好条件の求人はすぐ埋まるので、求人が出たら速やかに応募する必要があります。

希望に合う好条件求人が出たらすぐに紹介してもらえるよう、今のうちにエージェントに登録を済ませ希望を伝えておきましょう。

ふゆみ
ふゆみ

今すぐ転職活動しない人も数を見る事で目が養われ、良い求人を逃しにくくなります!

▶︎転職エージェントは併用しないともったいない!まずは登録しておきたいサービスはこちら

複数エージェントに登録すれば求人や担当者を比較することが出来、自分に合う担当者・腕のいい担当者を見つけられますよ。

また特定のエージェントにしか求人を出していない会社もあります。それを逃さない為にも無料のサービスなのですから気になるエージェントは全て登録しておきましょう。

転職サービス特徴公式サイト
リクルートエージェント

リクルートエージェント
業種職種年代関係なく
誰もが登録しておきたい

圧倒的な求人数で情報収集にも◎
公式サイト
JACリクルートメント
JACリクルートメント
ハイクラスや外資系に強い
担当者の質が全体的に高い
キャリアアップを目指すなら
公式サイト
ビズリーチ

ビズリーチ
登録するだけで
スカウトが届く

市場価値を知る為だけでも有益
公式サイト
キャリアスタート
キャリアスタート
社会人経験が浅い人向け
若手専業で20代の転職実績が豊富
第二新卒やフリータにも
公式サイト
ふゆみ
ふゆみ

大きな買い物をする時は相見積もりを取って比較をしますよね。1日の大半を過ごす仕事なのですから、しっかり比較検討して妥協なくベストな求人を見つけ出しましょう。

  1. ディーラーの営業とは?
    1. ディーラーの営業の仕事は?
    2. ディーラー営業に女性は多い?
  2. 女性でディーラーの営業を辞めたい理由
    1. ディーラー女性営業辞めたい理由①ノルマのプレッシャー
    2. ディーラー女性営業辞めたい理由②顧客からのクレームに疲弊している
    3. ディーラー女性営業辞めたい理由③仕事量と年収が合ってないと感じる
    4. ディーラー女性営業辞めたい理由⓸土日出勤やワークライフバランスの欠如
    5. ディーラー女性営業辞めたい理由⓸男性社会の中で働く辛さ
  3. ディーラーの女性営業を辞める前にやるべきこと
    1. ディーラー営業を辞める前にやるべきこと①つらい理由・辞めたい理由を明確にする
    2. ディーラー営業を辞める前にやるべきこと②適度に力を抜く
    3. ディーラー営業を辞める前にやるべきこと③社内異動や何かしらの改善方法がないかを探る
    4. ディーラー営業を辞める前にやるべきこと④キャリアプランを考える
    5. ディーラー営業を辞める前にやるべきこと⑤転職サービスに登録し転職活動をはじめる
  4. ディーラーの女性営業で身についているスキル
    1. 車や保険・ローンの知識
    2. コミュニケーション能力・ヒアリングスキル
    3. 体力と精神力
    4. 男性社会での生き抜き方
  5. ディーラーの女性営業におすすめの転職先
    1. ディーラーの女性営業のおすすめ転職先①自動車部品メーカーの営業
    2. ディーラーの女性営業のおすすめ転職先②保険の営業
    3. ディーラーの女性営業のおすすめ転職先③人材の営業
  6. 女性ディーラー営業におすすめの転職サービス
    1. 最初に必ず登録しておきたい:リクルートエージェント
    2. 20代なら:キャリアスタート
    3. 結婚や育児で転職を考えたなら:リアルミーキャリア
  7. まとめ:ディーラーの女性営業は異業種でも活かせるスキルがたくさんある

ディーラーの営業とは?

ディーラーの営業の仕事は?

ディーラー営業の一番の大きな仕事は、車の販売です。

業務内容は、個人相手と法人相手とで変わってきますが、ショールームや展示会に来てくれた顧客に対して自動車の魅力を伝えて購入へとつなげたり、外回りをして既存顧客や起業の需要を聞き出したりします。

お客様との信頼関係を築きながら、車を購入して頂けるよう様々なアプローチを仕掛けることが求められます。

法人相手の仕事では、継続的なフォローが必要とされます。

顧客からの注文を待つだけでなく新しいサポートサービスや車種を提案し、利益を出さなくてはなりません。

また購入時には、契約書の取り交わしはもちろん、大きな買い物ですのでローンや保険など車以外の知識も求められます。

ディーラーの営業は、主に自動車を顧客に販売する仕事ですがそれだけではありません。

メンテナンスや保守など、購入後のアフターフォローもディーラー営業に求められる大切な役割です。

顧客がトラブルに遭遇したら、担当の営業職に連絡が入る仕組みになっています。

車が不調だったり買い替えたくなったりすれば、顧客からの要望にすぐ応えなくてはなりません。

場合によっては本社や工場ともやりとりし、顧客が満足できるように尽力します

ディーラー営業に女性は多い?

自動車ディーラーで働く女性スタッフの割合は、まだ男性が中心であり、目安としては約9割が男性、1割が女性という店舗が多いようです。

特に営業職や整備職では女性は人数が少なく、かなり珍しい存在になります。

とはいえ、近年では女性の自動車ディーラーでの働き方も多様化しており、女性社員の雇用推進や制度の充実、価値観の多様化により、女性営業員の数は少しずつ増えています。

例えば、家族を持つお客様の場合、車購入時の決定権の8割は女性にあると言われており、女性目線での店舗作りやサービス提供が重要視されているため、女性社員を積極的に雇用するディーラーも増えています。

ディーラー全体で女性営業の集まりがあったり、女性営業同士の横のつながりを積極的に作り、女性営業の定着を積極的にサポートする姿勢も見られます。

女性でディーラーの営業を辞めたい理由

ディーラー女性営業辞めたい理由①ノルマのプレッシャー

ディーラーの営業職は成果主義が一般的で、売上目標(ノルマ)を達成することが求められます。

これは女性営業でも男性営業でも変わりません。

ディーラーの場合、今月目標達成しても、また翌月1日にはリセットされ、新たな目標を目指して頑張る必要があり、毎月毎月ノルマに追われるので大変です。

ノルマを達成するためには、顧客との長時間の交渉や、新規顧客の開拓など、精神的・身体的に大きな負担を伴う作業が必要となります。

これらのプレッシャーは、営業職を辞めたいと思う大きな要因となります。

ディーラー女性営業辞めたい理由②顧客からのクレームに疲弊している

顧客からのクレーム対応は、ディーラー営業職の重要な業務の一部です。

しかし、クレーム対応は、顧客の不満や怒りを直接受け止めるため、精神的に非常に疲れる作業です。

特に、自分の責任とは言えないクレームを受けた場合、やるせない気持ちやストレスを強く感じるでしょう。

ディーラーには様々な人が来るため、理不尽なクレームをしてくる人や、クレームの仕方が尋常じゃない人もいます。

そういったクレームにあたったり、クレームが集中したりすると、営業職を辞めたい気持ちが強くなるかもしれません。

ディーラー女性営業辞めたい理由③仕事量と年収が合ってないと感じる

ディーラーの営業職は、顧客との交渉や新規顧客の開拓、クレーム対応など、多岐にわたる業務を担当します。

やりがいがある反面、これらの業務量とその対価となる年収が見合っていないと感じることがあります。

特に、成果主義の給与体系では、売上が上がらないと給与も上がらないため、仕事の量と年収のバランスが崩れることがあります。

また、成果給の設定金額が低く、成果が出た割には給料があがらずモチベーションが低下する人もいます。

労働時間も長く大変な割に、給料が思ったほどもらえない状況は、営業職を辞めたいと思う大きな理由となります。

ディーラー女性営業辞めたい理由⓸土日出勤やワークライフバランスの欠如

ディーラーの営業職は、土日や祝日に休みが取りづらい職種です。

これは、週末がディーラーの稼ぎ時であるため、基本的には平日休みになることが多いです。

また、残業が多く、長時間労働が蔓延化している職場も多いです。

その結果、プライベートの時間が確保しにくく、ワークライフバランスが崩れることがあります。

これは、営業職を辞めたいと思う大きな理由となります。

ディーラー女性営業辞めたい理由⓸男性社会の中で働く辛さ

自動車業界は伝統的に男性が多い業界であり、ディーラーの営業職も例外ではありません。

そのため、女性がこの業界で働く際には、男性社会の中で働くことの辛さを感じることがあります。

お客様から営業だと気づいてもらえなかったり、お客様側から女性営業に対して否定的な対応をされることがあります。

働き方も男性に合わせた働き方なので、家庭や子育てとの両立をしようとすると難しさを感じます。

昇進や昇給の機会が男性に比べて限られていると感じることがあり、キャリアビジョンを描きにくいという問題もあります。

男性に合わせた働き方や男性らしい考え方の中で働き続けるのは、容易なことではなく、退職を考える一因になります。

ディーラーの女性営業を辞める前にやるべきこと

ディーラー営業を辞める前にやるべきこと①つらい理由・辞めたい理由を明確にする

まず、ディーラーの営業がつらいと感じる理由を明確にしましょう。

仕事量が多すぎる、人間関係、給与や待遇、キャリアアップの見込みなど、様々な理由が考えられます。

しかし、これらは表面的なもので、本当の問題は自分自身の中にあるかもしれません。

自分がどんな仕事にやりがいを感じ、どんな価値観や目標を持ち、どんなライフスタイルを望んでいるのかを深く掘り下げてみましょう。

頭の中で「辞めたいなー」と思うだけでなく、言語化することによって自分の気持ちを整理することができますので、きちんと紙に書き出す様にしましょう。

ディーラー営業を辞める前にやるべきこと②適度に力を抜く

ディーラーの営業は常に忙しく働かなければならないというイメージがありますが、それは必ずしも正しいとは限りません。

適度に力を抜くことを心がけ、休憩時間をしっかりと取ったり、仕事の優先順位を明確にしたり、無理な依頼にノーと言ったりしましょう。

忙しくて力を抜くなんて出来ない!と思うかもしれませんが、心を鬼にしてやってみましょう。

意外と一息ついたり、適度に力を抜くほうが、全体を見渡す余裕が出たりして、成果に繋がりやすくなりますよ。

力を抜くのと手を抜くのは違います。手は抜かず、でも力を抜く仕事の仕方をしてみませんか?

ディーラー営業を辞める前にやるべきこと③社内異動や何かしらの改善方法がないかを探る

会社にはまだ見つけていないチャンスや可能性があるかもしれません。

社内異動や何かしらの改善方法がないかを探ってみましょう。

自分の不満や要望を上司や人事に伝えたり、自分のスキルや知識を向上させるための研修や資格取得に挑戦したり、別の部門に異動するなどが考えられます。

これまで働いてきた中であなたへの信頼も溜まっているはずです。

それを簡単に手放すのはもったいないので、まずは改善する方法がないか、今の場所で探るのは得策です。

「うちの上司は話を聞かない」「うちの会社は絶対変わらない」と思うかもしれませんが、言ってみると意外と変化するかもしれません。

会社も貴重な人材、特に貴重な女性営業を失いたくないでしょうから、真摯に話を聞いてくれる可能性は高いです。

やる前からあきらめず、まずはチャレンジしてみましょう。

ディーラー営業を辞める前にやるべきこと④キャリアプランを考える

今はディーラーの営業を辞めることに頭がいっぱいでそれ以外のことは考えられないかもしれません。

ディーラーの営業を辞めれるなら何でもいいやと思っているかもしれません。

しかし、辞めるのは簡単ですが次自分が思い描く理想の未来に近づけるかは、どれだけ考え準備したかにかかっています。

・自分がどんな仕事に就きたいのか
・それにはどんなスキルや経験が必要なのか
・自分の強みが活かせるのはどこなのか
・どんな市場や業界が有望なのか
・どんなライバルや競争力があるのか

など、様々な視点から自分のキャリアを分析したり、設計したりすることが大切です。

ディーラー営業を辞める前にやるべきこと⑤転職サービスに登録し転職活動をはじめる

すでに転職を見越して転職活動を始めている人もいるかもしれません。

しかし、転職活動は、単に求人サイトで応募するだけでは成功しづらいものです。

転職エージェントやスカウト機能のある転職サービスに登録して転職活動を始めましょう。

転職エージェントは、自分の希望や条件に合った求人情報を紹介してくれたり、履歴書や面接のアドバイスをしてくれたり、内定交渉や退職手続きのサポートをしてくれたりします。

何より、最初に面談で、転職したい理由を整理したり自分の経歴や強み弱みを棚卸するのを手伝ってもらえます。

これらのステップを踏むことで、ディーラーの営業を辞めるべきかどうか、より客観的に判断できるようになります。

自分自身の現状を理解し、自分のキャリアプランを明確にすることが重要です。自分自身のために、最

ディーラーの女性営業で身についているスキル

車や保険・ローンの知識

ディーラーの営業職は、自動車に関する知識がつくのはもちろん、保険の詳細、ローンの条件などにも詳しくなります。

車は大きな買い物になるので、多くの人がローンを使って契約しますし、各種保険にも加入します。

保険の種類や適用範囲、保険料金の計算方法やローンの利息計算、返済スケジュールや早期返済の条件など、それらの対応をするなかで、様々な知識を体得しています。

また、それらの情報を正しくお客様へ伝えること、何を伝えなければいけないか、どう伝えれば間違いなく伝えられるかというスキルも知らずのうちに身についているでしょう。

車の売買に当たっては契約書を取り交わすので、そういった契約書関連の知識や実際の業務も自然と身につくでしょう。

なかなかそういった知識を広く身に着けている人はいないので、自信をもってもよいスキルです。

コミュニケーション能力・ヒアリングスキル

営業職は、顧客との良好な関係を築くために、高いコミュニケーション能力を必要とします。

顧客のニーズを理解し適した提案を提供するために、ヒアリングスキルが必要です。

顧客の言葉を丁寧に聞き、理解し、適切な質問をする能力、また、顧客の感情や態度を読み取り、それに対応する適切な言葉や態度を選ぶ能力が求められます。

また、自分の提案や意見を明確に伝え、説得力を持って伝える能力も重要です。

適切なタイミングでクロージングをかけることも大切です。

これらのスキルは、車のディーラーでなくなり、ほかの営業職にいっても使えるスキルですし、営業職でなくてもコミュニケーション能力・ヒアリングスキル・クロージング力は重宝されるスキルです。

体力と精神力

ディーラーの営業は、長時間の労働、高い目標設定、強いプレッシャーなど、身体的および精神的なストレスが伴うことが多い職業です。

これを乗り越えるには、タフな体力と精神力が必要です。

長時間の立ち仕事や移動、商品のデモンストレーションなどの作業をこなすためにディーラー営業は体力が必要です。

また、目標達成のプレッシャーや顧客からの厳しいフィードバック、クレーム対応などの精神的なストレスに耐える日々で精神力も高まっています。

これらの体力・精神力は、どの職場にいっても活かせるスキルです。

男性社会での生き抜き方

自動車業界は伝統的に男性が多い業界であり、女性営業職が生き抜くのは簡単なことではありません。

男性社会の中で、知らず知らずのうちに男性社会での生き抜き方を身に着けているでしょう。

例えば、女性特有なあいまいな言い方を避け結論から先に話す、主張はきちんと伝える建前社会であることを理解する、プライドを傷つけない、男性的な思考をしつつ女性らしさは忘れないといったことがあります。

最近は、女性が社会進出しているとはいえ、多くの業界では男性が多いですし、上層部は男性ばかりの業界や会社もまだまだ多いです。

そういった中で、男性社会での立ち振る舞いを身に着けていることは強みになります。

ディーラーの女性営業におすすめの転職先

ディーラーの女性営業のおすすめ転職先①自動車部品メーカーの営業

自動車ディーラー営業の経験は、自動車部品メーカーの営業職に非常に有利です。

自動車業界の知識と経験を活かし、新たな製品の提案や既存の顧客との関係構築に役立てることができます。

また、自動車部品メーカーは、技術的な知識を必要とする場合が多いため、自動車に関する知識があると大きなアドバンテージとなります。

自動車部品メーカーはB2Bになる為、ディーラーとは違い土日休みの企業が多いです。

また、B2Bなので、B2Cのようにあらゆる人を相手にするわけではありません。

お互い企業対企業でやりとりとなりますので、クレームの質なども異なります。

B2Bならではの大変さはもちろんありますが、これまでの知識などを活かしつつ、今の不満ポイントを改善できる可能性が高いでしょう。

ディーラーの女性営業のおすすめ転職先②保険の営業

保険業界は、女性が活躍している分野の一つです。

営業スキルと人間関係の構築能力を活かし、顧客のニーズに合わせた保険商品を提案することが求められます。

保険についても一部知識があるので、自分に合いそうかも想像がつくでしょう。

また、保険業界は実力主義の業界のひとつでもありますが、成果がお給料にも反映されます。

特に外資系保険営業になれば、給料がグンとよくなります。

これまで培ったコミュニケーションスキルとタフさを活かして活躍することができるでしょう。

ディーラーの女性営業のおすすめ転職先③人材の営業

人材業界は、コミュニケーション能力と調整能力が重要となるため、営業経験を活かすことができます。

人材はすべての業界でニーズがある為、これまでの経験を活かすことが出来ます。

また、未経験からでも挑戦しやすい業界で、女性も多く活躍しているので、ディーラーの女性営業から転職するのにおすすめです。

女性ディーラー営業におすすめの転職サービス

最初に必ず登録しておきたい:リクルートエージェント

リクルートエージェント RECRUIT AGENT

転職支援実績No1&非公開求人数20万件以上

おすすめな理由
  1. 業界最大級の求人の多さ
    中小優良企業からグローバル企業まで
  2. 全国に拠点が16か所
    どの地域でも地域に密着してサポート
  3. 登録者限定の無料セミナー多数開催
    転職に必要な成功ノウハウが学べる

業界業種問わず登録しておきたい

20代なら:キャリアスタート

キャリアスタート

内定率86%!現状月収25万以下なら相談しよう

おすすめな理由
  1. 若手専業で、20代の転職実績が豊富
    面談するだけで”転職成功者BOOK”貰える
  2. キャリアレクチャーや適正調査で
    自己理解してから転職活動ができる
  3. 交流会を毎月開催!横の繋がり作りや
    転職成功者と話せるのは大手にない強み

これまでのキャリアに自信がない人も

結婚や育児で転職を考えたなら:リアルミーキャリア

ワーママ向け転職エージェントリアルミーキャリア

ワーママ向け転職エージェント

おすすめな理由
  1. 転職後すぐ時短正社員やリモート、
    フレックスなど柔軟な働き方の求人多数
  2. 年収をキープやアップする求人も多数
    仕事のやりがいも子育ても両方諦めない
  3. キャリアアドバイザーの8割が働くママ
    悩みや懸念点を理解してもらえる安心感

仕事も育児も両立したいなら

まとめ:ディーラーの女性営業は異業種でも活かせるスキルがたくさんある

ディーラーの仕事は大変な仕事な上、女性営業はまだまだ少なく難しさを感じることも多いでしょう。

その場所で自分の居場所を切り開いていくのもひとつですが、難しい場合は外にも目を向けましょう。

ディーラーの女性営業は、自分が思っている以上に様々なスキルがみについており、しかもディーラー以外にいっても活かせるスキルが多いです。

ディーラーでしか経験がないからほかの仕事は無理だと思っている人も多いですが、重宝されるスキルばかりです。

自分でそのスキルがなんだかわからない人は、転職エージェントと無料面談をして、どういう部分が活かせるか具体的に聞いてみましょう。

あなたにとって働き甲斐があり給料もしっかりもらえ楽しく働ける職場がみつかりますように。

エージェントは1つしか使えないの?

転職エージェントがたくさんあってどれに絞ればいいかわからない!と悩んでいる人も多いでしょう。

結論、転職エージェントはひとつに絞る必要はありません。複数を併用することも可能です。

複数のエージェントと面談をした上で相性が合うとおもったエージェントをメインに使うとう選択もできます。

サポートを受けることを辞めることも簡単ですので、気軽に登録してまずはどんな担当者がつくのか確認してみましょう

▶︎転職エージェントは併用しないともったいない!まずは登録しておきたいサービスはこちら

複数エージェントに登録すれば求人や担当者を比較することが出来、自分に合う担当者・腕のいい担当者を見つけられますよ。

また特定のエージェントにしか求人を出していない会社もあります。それを逃さない為にも無料のサービスなのですから気になるエージェントは全て登録しておきましょう。

転職サービス特徴公式サイト
リクルートエージェント

リクルートエージェント
業種職種年代関係なく
誰もが登録しておきたい

圧倒的な求人数で情報収集にも◎
公式サイト
JACリクルートメント
JACリクルートメント
ハイクラスや外資系に強い
担当者の質が全体的に高い
キャリアアップを目指すなら
公式サイト
ビズリーチ

ビズリーチ
登録するだけで
スカウトが届く

市場価値を知る為だけでも有益
公式サイト
キャリアスタート
キャリアスタート
社会人経験が浅い人向け
若手専業で20代の転職実績が豊富
第二新卒やフリータにも
公式サイト
ふゆみ
ふゆみ

大きな買い物をする時は相見積もりを取って比較をしますよね。1日の大半を過ごす仕事なのですから、しっかり比較検討して妥協なくベストな求人を見つけ出しましょう。

この記事を書いた人
ふゆみ

中流大学卒。中小企業でキャリアスタートしたが、転職を経て、現在、大手外資系企業で勤務中。

結婚、出産、育休を経験し、子育てもしながら、フルタイム勤務で働くワーママでもある。

女性は、ライフイベントが多い上に、仕事をしていても家事育児は女性比重が重く、その上、まだまだ男性社会の中で結果が求められる。そんなハードモードの人生ではあるけれど、女性が、仕事もプライベートも、楽しく幸せに生きていく為のヒントになればと、発信をしています。

趣味は、旅行と、食べること。TOEIC875

ふゆみをフォローする
転職の悩み